スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙突掃除

薪ストーブのシーズンが終わったので煙突の掃除をしました。
疲れました。

まずストーブ本体から出ている煙突を外します。

本体から

曲がっているところを取り外して。

DSC03263.jpg

2階の屋根の上まで直線になりました。

DSC03264.jpg

煙突のてっぺんからわずかに明かりが見えます。

DSC03265.jpg

本体側も取り外します。

DSC03267.jpg

すでに煤であたりは黒くなっていますが仕方がない。棒の先にブラシを取りつけます。
このブラシが無事にてっぺんまで行けば掃除は完了となります。

DSC03269.jpg

ビニール袋でカバーしてブラシを通して行きます。棒を継ぎ足しながら。

DSC03271.jpg

DSC03272.jpg

コツンと当りがあればてっぺんに到達。今度は棒をバラしながら引き戻して掃除は終了。

煤がこんなに溜まっていましたよ。今シーズンは出張ばかりであまり焚かなかったのですが、それでもかなりの量でした。

DSC03273.jpg

内部も分解して、錆や煤をグラインダで削り落して黒スプレーで塗装。完璧に仕上げました。

DSC03274.jpg

DSC03275.jpg

DSC03276.jpg

本体も磨き上げ、終了。
あ~疲れた。 これだけしておくと長持ちすると思います。今から冬が待ち遠しいですよ。




極厚のピザ

大宴会の酔いも醒めやらないのに、娘が「コストコ」で買って来てくれた極厚のピザを薪ストーブで焼きました。
明日からまた出張なので、賞味期限の内に食べてしまわないと。

こんなぶっといピザがあるんかい!!

コストコ 極厚ピザ 1

コストコ 極厚ピザ 2

このボリュームでなんと1,300円です。普通のピザ生地の上にこの高さ分のチーズが詰まっています。
チーズ好きにはたまりまへんなあ・・・。

上手く焼けるかな?

コストコ 極厚ピザ 4

ちょっと火が弱かったので、薪を継ぎ足して炉内の温度を一気に上げたのが失敗でした。
アホみたいな分厚さなので、中までよく火が通るようにと表面がしっかり焦げるまで焼いたのですが。

コストコ 極厚ピザ 6

温度が高すぎて表面と裏面ばかり焦げてしまいましたよ。中のチーズは溶けることなくそのまま。
もう一度やり直し。今度は空気を絞って弱めの火でじっくり焼き上げるとこんな出来上がりになりました。
じっくりと言っても5分くらいで十分です。

コストコ 極厚ピザ 7

濃厚なチーズがとろとろで、これまたどえりゃあうみゃあがね!
しかしこんなピザを普通はどうやって焼くのでしょうか?座布団のようなピザが5分で焼きあがる薪ストーブの威力を改めて実感しました。

薪ストーブでじゃが芋とピザ

薪ストーブでじゃが芋とピザを焼きました。

まずじゃが芋から調理します。洗ったお芋を皮のままアルミホイルで包んでストーブの中に放り込むだけという、手の込んだ調理方法です。

じゃが芋

よく分かりませんが、左側の銀色がそれです。

次にピザを仕込みます。
買ってきた生地にピザソース、チーズ、ソーセージだけで簡単に済ませました。

焼く前のピザ

これをお芋の上に載せて、じゃが芋とピザが同時に焼けています。

焼き方、はじめ!

焼きあがりはこんなにおいしそう!

焼きあがった!

この絶妙なきつね色!
お皿に載せて、バーボンとともにご馳走さまです。

食べるよ!

神の味です・・・。

おいしさに絶句。

お芋さんはこんな具合。

焼けた。

皮を剥くとほくほく。

ほくほく

薪ストーブを維持するのは大変なことばかりですが、こんな贅沢ができるのも年中マメに薪を用意しているからこそです。
また来々シーズンに向けて薪を集めます。



冬の始まり!

いよいよ冬が始まりました。
冬というと「薪ストーブ」です! ここ数年、冬が来ることが待ち遠しくなっています。

点火式

それまでは皆さんと同様、冬は大の苦手であったものが、薪ストーブを導入してから寒い冬の夜が楽しみになりました。

今日は今シーズン初で「点火式」を執り行い、引き続き無くてはならない・これのために寒い外作業を頑張っているともいうべき「熱燗」を大制作!

熱燗-1

大制作といっても徳利をただストーブの天板に載せるだけなんですが・・・。併置されているエッフェル塔はご愛敬。

我が家のネコも一番心地いい場を選んで伸びています。

ねこ-1


お酒が温まってくると少しづつ徳利の位置を変えて上燗になるようにすると、いつまでも最適温の熱燗が飲めます。

熱燗-2


ねこも微妙に伸びる位置を調整しているようで、だいぶ離れてきました。

ねこ-2

やはり遠赤外線の効果でしょうか、こうやってお酒を温めるとすごく美味しい!
あまり高くないお酒でもモンドセレクション金賞受賞!というような味になります。

まだレースシーズンは終わっていないので、呑み過ぎ&寝不足注意!

冬の準備

いよいよ薪ストーブの時期が到来しましたので、煙突掃除です。

煙突を途中から外してブラシを通します。

煙突掃除-3


煙突は2階の屋根の上まで貫通しているので、ブラシの柄を次々と足していきます。

ブラシの柄

1mの柄を7本接続します。


煙突掃除-1

ビニール袋で受けていると、真黒な煤が大量に落ちてきました。1シーズン分の蓄積です。

煙突掃除-2

炉の内部も徹底的に掃除します。

内部

きれいに仕上がりました。

P1090485.jpg


あまりよく分かりませんね。

完成

本来ならばシーズン終わりの今年の春先にこの作業を済ませておくべきでしたが、ついつい先延ばしにしてしまって直前になってやっと片づけました。

あとは薪を入れて火をつけるだけ。寒ければ寒いほど極上の夜が待っています!!
今まで冬は大嫌いでしたが、薪ストーブを導入してから冬が来ることが待ち遠しくなりました。

ストーブの前に座って、照明を暗くしてJAZZを流しながら揺らぐ炎を眺めてバーボンを飲む時間は、この世のものとは思えない程の至福のひと時です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。