スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOOKのコーナリング

LOOK 695ZR に乗り換えてまたまた驚いたことがあります。

IMG_6689.jpg

下りのコーナリング。

前に乗っていた同じLOOKの 566 ではいつものトレーニングコースのヘアピンカーブ下る時に、ついセンターラインぎりぎりまで膨らんでしまい、「おっとっとっと!」

それが新しい695 ではしなやかな剛性と相まって、車線の中央辺りを2割増しくらいのスピードで余裕を持って抜けていきます。

もちろん同じタイヤ・ホイールです。

以前のフレームはサイズが S で今回は XS。 ひとつ小さいサイズにしたことが大・大正解でした。

中学校・高校くらいの時は下りのスピードでは誰にも負けずに先頭でぶっ飛ばしていたものですが、
今では集団の後方でおっかなびっくり下るようになっていました。

年齢を重ねて下りの感覚が鈍ってしまったんやなぁ~と諦めていたものが、そうではなかったようです。

   身体に対してフレームが長すぎて曲がらなかった。

みとよロード 65

フレームが身体に合っていれば抑え込んでどうでも曲がれますが、長すぎるとどうしようも無い。
そのことがよ~く分かりました。

とは言うものの、絶対安全運転で楽しんで走ります!!

第6回 みとよサイクルロードレース

今年も 「みとよサイクルロードレース」 に参戦しました。

・・・・。 壮年クラス 2位に終わりました・・・・。。。。。

単純に力不足です。暫く謹慎します・・・。


プロカメラマンが撮った写真を販売してたので、思わず即買い。

ブログ用

なかなかいいアングルです。



当日は香川県を目指して、朝の4時に大阪を出発。 ミナミのマンションに弟を拾います。
嫁さんと娘婿のしょう君と4人の体制になりました。


愛車ノートの屋根ににロードを3台無理やりに積み込んで、サポートカーの雰囲気。

27年 みとよ 05


明石海峡大橋は夜明け前です。

27年 みとよ 06



現地には結局スタート時間ギリギリに到着で、アップする時間もあまりないままに義理の弟の和雄君が最初のレースに出走。

IMG_6814.jpg



前回よりも順位を大きく上げてゴールしました。
        「満足ぢゃ」

IMG_6840.jpg


続いて自分の番になりスタート前の精神集中。 だんだん人格がレース向けに変わっていくのが分かります。

27年 みとよ 04


スタートすればお約束のサポートライダーかぶりつき。 地元出身の真鍋選手です。
隣は全日本ロード選手権エリートクラス優勝の佐野選手。 なんと豪華なゲストであることか!!

ただし、サポートライダーを追い抜くと罰金30まんえんであるとのこと。
しかもレース中あってもその場で即金の支払いで、領収書は出ないそうです。

27年 みとよ 03


目立ってナンボと考えているので、ギャラリーの多いところではもちろん先頭を突っ走る!!

27年 みとよ 02


LOOKの車体とTRAPのジャージのカラーリングがベストマッチ!!  と思います。

27年 みとよ 07


最後の登り。 途中までは 「勝った!!」と喜んでいたものの、急速に捲られて2.5車体ほどの差で敗退しました。

27年 みとよ 08


    悔しさ爆発!

27年 みとよ 09


トップの選手と並ぶと体格の差は歴然としています。 もっと鍛えんとな~。 この脱力感。
賞品はVAAMを2ダースも戴きました。

27年 みとよ 01


最後のお座敷はしょう君。 前回にビギナーで優勝しているために、中級Aでの出走です。

IMG_7194.jpg


快調に周回を重ねます。

IMG_7178-1.jpg


力は十分にあるのですが自分同様、練習量の不足で第2集団でのゴールとなりました。

IMG_7232.jpg

この写真では優勝した!! ということにしておきましょう。


夏からずっとこの日に向けて頑張ってきただけに、勝てなかったショックは大きいものがあります。
仕方が無いですね、これがレース。また来年に向けて精進するしかないです。

帰り道に必ず寄る さぬきや のジャンボたらいうどんをやけ食いしましたよ。 うどん3.5玉。

27年 みとよ 10

あっと言う間に完食。

27年 みとよ 11

来年のリベンジを誓い、四国をあとにしました。

亀岡 ~ 嵐山コース

山形県の出張から帰ってきて実に10日ぶりにロードです。
10日間も乗らなかったということは。
先月に1000kmオーバーを走り、やっとこさ貯めた 「貯金」 がきれいに無くなっていました・・・。

まさに 「建設は死闘・破壊は一瞬」 です。
まあ社会人であるからには出張などは仕方のないことで、仕事の時間をなんとか遣り繰りして少しでも走るのが楽しいのですよ。

今日のチームTRAPの朝練習でも前半にアタックしたものの、その後が続かずゴールは1着になりましたがそれはもうバテバテでした。
来週の「みとよロードレース」に向けて慣らすために車輪は決戦用「BORA」だったので、一旦家に帰って「キシリウム」に交換。
豊能町 ~ 亀岡 ~ 嵐山コースへと出かけました。

ところが! 今日は朝から自転車がフラつくほどの北からの強烈なさむ~い向かい風!! 
力が落ち切っている身にはホント辛かったです。
しかし! ここで頑張らなければ来週のレースに浮かぶ瀬は断じて無い!! と 向かい風+登り坂という 「みとよ優勝養成ギブス」 をはめて走りました。
最低の体調とは裏腹によく晴れた秋晴れ。レースが無かったら気楽にサイクリングやのになあ。などと考えたりして。


亀岡の街を過ぎて保津峡へと向かう分かれ道、越畑です。

DSC09693.jpg

ここからまたきっつい登りが続きます。


愛宕山の裏を通ってJR保津峡の駅を過ぎ、保津川を眼下にいい眺めです。

DSC09695.jpg


登りの終わり 「六丁峠」
ここのカーブミラーは気違いじみていて、なんと下向きについています。
峠が急坂過ぎて、向こう側が見通せない為に下向き。

DSC09698.jpg

DSC09700.jpg

峠を降り切ると古い街並みの鳥居本。さすがにここまで嵐山の駅から歩いてくる観光客は少ないです。


平安朝の時代からの観光地 あらしやま 渡月橋。 この瞬間だけ奇跡的に人通りが途絶えました。

DSC09701.jpg

年中を通して人は多いですが、今はまさに嵐の前の静けさ。もうすぐ紅葉のシーズンになると自転車なんかではとても通れないほどの雑踏に埋め尽くされます。

鳥居本の苔むした茅葺の茶店が有名な紅葉撮影の絶好のポイントです。
途中の道は人であふれかえりますが、自転車なら裏道を通れるのでカメラを担いで撮りに行こうと考えています。

LOOK 695 ZR

とうとう憧れの LOOK 695 ZR を手に入れました。

いろんなショップに見に行き、ネットも調べ尽くして雑誌も読みこんで
予算とも相談してやっぱりLOOK 695 ZRしかない! となりました。

大阪の 「カワハラダ」 さんでデュラエースのコンポ一式とともに購入した次第です。
予算も希望通りの額に収まりました。

もちろん自分で組み立てます。こういうのを最近では 「バラ完」 というそうですね。
バラの状態から完成車へ という意味ですかね。


若旦那から感動の引き渡し式。

          LOOK-03.jpg


パーツの一式です。

          LOOK-04.jpg

LOOK-05.jpg



ご大層な化粧箱から取り出すとこんなもんでした。

        LOOK-01.jpg

バラ


作業台にセットして。 
この時点から 嬉しくてニヤニヤが止まりません。

IMG_6217.jpg


一つずつ丁寧に組み付けていきます。

      LOOK-10.jpg

二日かけて大体組みあがりました。

LOOK-08.jpg


ここから見るアングルが一番好きです。
カッコええ~!

       LOOK-11.jpg


各部の微調整はまだですが、とりあえずは完成しました!!

LOOK-12.jpg


BORAが似合います!!

LOOK-02.jpg


やっぱりこの角度!

       LOOK-14.jpg


どこから見てもイケてます。

IMG_6320.jpg

      IMG_6341.jpg


肝心の乗った感想は。

中学生の時に初めてロードバイクに乗った時のような感動がありました。
どこまで加速するんや~~~!

高速域での伸びが凄く、ギア倍率以上に・踏み込んだ以上に走る感じがします。
BB周りのシナリが全くないような感覚で、パワーがロスなく車輪に伝わっているのでしょう。
それでいてすごいしなやか。
自転車全体が弓なりに反って戻る力で前進へと弾き飛ばされているような 「ねとーっ」とした感じです。

振動吸収性も大変に優れていて、ゴツゴツした路面でも安定していて全く跳ねません。
こんな真性レースバイクは 「ガチガチ」に堅過ぎて、走ることは走るけどすぐに疲れてしまうと思い込んでいましたが、コイツは全然堅いという感じはないですね。
十分な剛性があるのに最高にしなやか。剛性と靭性の高次元での融合とでも言いましょうか。

   LOOK社のテクノロジーはどうなっているんだい?

更に舌を巻いたのがゼロ発進の加速性でした。
トップスピードに乗るまでの時間は3秒くらい? 又は3踏みくらい?
これならまた以前のようにクライマーとスプリンターの二足のわらじで稼いでいける気がします。

登りになればはもちろんのこと、飛んで行くように急坂を走破します。
デュラエースの軽いシフトと相まって以前よりも確実に1枚小さいギアで同じ山を登ることができました。
これは大きなアドバンテージ。
ギアが1枚違うとスピードも相当に変わってくるので、ヒルクライムのレースが楽しみです。

ステアリングは弱アンダーの傾向で、思いっきり突っ込んでも安定してコーナーをクリアします。

自分にとってすべてにおいて 「 完璧である!」 と言いたいバイクでした。

          IMG_6448.jpg

なんとか みとよサイクルロードレースに間にあったので、このデビュー戦に勝負を賭けます。







次期主力戦闘機 FX

来シーズンの各戦場で使用する主力兵器の選定が終わりました。


LOOK 695 ZRです。

DSCN0712.jpg

これに DURA ACE 9050 を装備して実戦配備、来シーズンを戦います。

2015040620005-thumb-450x600-17258.jpg

出来れば11月のみとよロードレースで前倒しでデビュー戦としたいのですが、
時期的に間に合うかわかりません。

この他の候補として、S-WORKS デローザIDOLなどがありました。
一番の判断基準、「カッコいいか - そうでないか」 と予算とを慎重に検討した結果、
やっぱりLOOKという結果になった次第です。

ホントはDE ROSAにしたかったのですが、最近のデザインは全くよくありません。
毎年、来年モデルこそは! と期待しているのに、必ず裏切られます。
もう往年の洗練されたデザインにもどる事はないかもしれません。


以前に乗っていたこの MERAK のカラーリングが一番気に入っていました。

dc101302.jpg

アルミフレームで酷使の末、ダウンチューブにヒビが入って惜しまれながら使命を終えたものです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。