スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回 山岳グランフォンドin吉野 参加!

今年も無事に完走することができました!
チーム5人で完走証。

038A4991.png


今年はどういうことか、例年のコースを逆に廻るというもので、あのチマコッピである「行者還」はどんな感じかなと楽しみではありました。

しかし!!去年以上にトレーニングができていません。ということは、毎年のように襲われる脚の攣りも尋常ではないことを覚悟しております。
途中で停まってしまうことを考えてとにかく早くにスタートがしたい!

前夜に現地入りをして車中で熟睡。朝の4時の目覚ましで支度をして受付に行くと、なんと早くもスタートラインには自転車が何台も並んでいるではありませんか!
慌てて受付を済ませてなんとか先頭から4列目の一番端を確保しました。

038A4986.png

今年は始動が早い。いつもなら余裕で先頭に並ぶことができる時間なのですが。

去年はスタートしてからすぐの下りで落車が多かったらしく、2人づつ10秒間隔の出走となりましたがあまり効果はなかったようで、すぐに集団ができてしまいました。

集団の先頭に出たい!という逸る気持ちを抑えて中央付近でおとなしくしておりました。それも第一回目の登りが始まるまで。
登りになるとつい後先を考えずに先頭になって単独で頂上を越えて気持ち良く下っているとなんと!前輪がバースト!
いきなりでした。何も踏んだような感覚はなかったのですが。

パンク修理に取り掛かります。持参した圧搾空気のボンベは威力絶大! チューブを交換してから時間がかかる空気入れはあっと言うに終了して戦線復帰。
野迫川エイドに到着しました。

ここにきて早くも両脚に痙攣の兆しが。既にいつ攣ってもおかしくないような感じがしてきたので、チームメイトには先に行ってもらいマイペースを心がけました。

この「攣り」。これは体質なんでしょうか、事前にいくらストレッチをしても、ビタミンを補給しても十分に乗れていなかったら必ず攣ります。
今年も予想通りに痙攣の波状攻撃! 何度も停車しては治まるのを待って再スタート、の繰り返し。
今年はタイムスケジュール的に余裕があったので、完走を第一に考えて無理をせずに走りました。


いつもながら豪華なエイドステーションでのおもてなし!
つい食べすぎ・飲みすぎで腹いっぱいになっていまいます。

DSC_0002.png

今年もこれに加えて「かき氷」があり、甘いシロップが最高に美味かったです。
柿の葉寿司も合計で30個くらい食べたでしょうか。今年の「初すいか」も頂きました。

逆から攻める「足の郷」の登りは想像を絶するエゲツなさ! いつもは下りなのでこれほどの勾配とは分からなかった。
20%以上の登りに力尽きたライダーが死屍累々・・・。
暗峠の壁を無限に延長したような感覚でした。
その前に越えてきた「行者還」が思ったほどきつくなかったので、この登りは余計に辛かったです。


なんとか克服して下りになると異常に調子が上がってきたようで、ゴールまでは攣ることもなく絶好調! 
途中の給水所でチームメイトと合流して4人の列車で爆走しました。

そんなこんなで、いきなり200kmを走りきったダメージは大きくゴールと同時に全身筋肉痛。翌日は早速出張で仙台まで来たものの、現地では身体が動かず、全く仕事にならない状態でしたね。
もっと走りこまないと。と決意した次第です。

しかし今年も楽しかった!!! 
最近は自転車以外の趣味も多く楽しんでいますが、やっぱり自転車が一番面白い!ということを再認識しました。
やめられません。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。