スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山岳グランフォンド吉野

今年もあの「吉野」に参加しました。

前日から現地で車中泊をしたので、当日早朝の受け付けは一番に済ませて、自転車ももちろん最前列に並べることができました。

DSC09567.jpg

先にロードを並べてから受け付けへ。
珍しく時間に余裕のある行動です。

IMG_3587.jpg

右から3台目でポールポジションともいえる位置に設置完了!!


そうこうしているうちにあっと言う間にスタート地点はロードで埋め尽くされました。

DSC09566.jpg



三船選手とその仲間がゲストライダーとして紹介されていました。

DSC09569.jpg

三船選手は現役を引退して「ハラ」が出てきていますよ。


修験行者によるイベントの無事開催・家内平和・交通安全・無病息災・・・さまざまなご祈念を戴き、ホラ貝の吹奏です。

DSC09570.jpg

四人の行者が見事な演奏を披露して下さいました。

DSC09571.jpg

これを聞かないと始まった気がしません。

DSC09572.jpg

難しいホラ貝を自在に吹きこなしておられます。


今年は余り乗れていなかったので、筋肉が仕上がっていなく、100kmを過ぎた辺りからもの凄い脚の「攣り」に見舞われました。
肉が千切れるのとちがうか?と思うくらい。


それでもなんとか激坂をこなし、「行者還」では標高1100mの涼しさを満喫しました。

DSC09575.jpg

ここまで96km 4時間半ほどです。

DSC09577.jpg

トンネルを抜けて第1チェックポイント。タイムオーバー・足切りの関門を無事に通過できました。

DSC09574.jpg


エイドステーションは毎回豪華なメニューが用意されています。

DSC09573.jpg

柿の葉寿司は全部で30個ほども食べましたよ。

かき氷も戴きましたが、灼熱の中でたぎった身体ではあまりに冷た過ぎて、満足に食べられなくて残念。

野迫川エイドに向かう下り坂ではハーレーの集団を追いかけて、コーナーの度に1台ずつパスし、気が付けば先頭になり10数台のハーレーを引き連れて下っていました。
ビッグマシンはコーナリングに弱かったんですね。

そんな無理をしたのでエイドに到着と同時に本日最強の痙攣に襲われ、ぶっ倒れていました。

残りゴールまで約40km。
無事に帰れるかなあ~と10kmのダウンヒルに差しかかった辺りで、トラブルでリタイヤしたチームメイトが逆方向から急坂を上がってきて、ゴールまで引っ張ってくれたのでなんとか完走することができました。

今年は準備不足で、脚の攣りという散々な目に遭いましたが、それはそれでまた実に楽しかったです。

また来年も必ず参加します!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。