スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山岳グランフォンドin吉野

今年も走りました!
第11回山岳グランフォンドin吉野

台風の上陸寸前ということで開催できるか不明で、前日から何回も奈良サイクリング連盟のHPを確かめました。
それによると中止の発表どころか、呑気に「絶賛準備中」とか載っています。 ほんまかいな?

自分のいつもの信条で「とりあえずやってみよう」と土曜日の夜中に「とりあえず」現地に出発しました。

宿泊代を浮かすために「車中泊」  その為に愛車は日産ノートを選んだのですよ。
この車はコンパクトカーの割には車内が広く、後部席を倒すと脚を伸ばしてゆっくりと眠ることができるのでした。

2時頃に到着。まだ駐車場には車はまばらですが、すぐにいっぱいになります。

IMG_7112 (1)

心配の雨はまだ降ってきていません。急いで準備を済ませ、自転車をスタートラインから3列目という好位置に置くことができました。

そのまま夜が明けて曇り空のままスタートできて、ホッと一安心。

しかし!走りだしてすぐにパラパラときました。まあスタートしたらもうこっちのもの。
寒かったけど走りだしたら丁度いい具合です。

今回は台風を警戒して80人もの不参加があったそうで、それはそれで賢明な判断ではありましたね。

参加者が減ったお陰でエイドステーションでは補給食が大量に余ったみたいです。
食べきれないほどの「柿の葉すし」 まだ何箱も積み上げてありました。

DCIM0033.jpg

寒かったので熱いお茶がなにより美味しかったです。
熱い麦茶と葛餅と柿の葉すし

DCIM0034.jpg

この他にもシフォンケーキ、きゅうりの浅漬け、豆乳、お握り、カレーパン、蜜柑などなど。
いつもながら各エイドステーションは豪華なメニューで迎えて下さいました。

DCIM0036.jpg

みんな腹いっぱいに詰め込んでいますよ。

DCIM0035.jpg

これなら参加費の8,000円も値打ちがあるというものです。

最難関の「行者還」も「足の郷」も何回も登っているうちに慣れてしまったみたいで、レースではないのでさほどキツイとは思わなくなりました。

初めて参加してこの激坂を登った時のことをよく覚えています。
こんな長い上り坂の地獄がこの世にあるものか!とゲーが出そうでしたよ。

それがエライもんで、マイペースで登るとこれがまた楽しい!!
いつまでも走っていたいようなコースになりました。

コースの終わりごろにみごとなコスモス畑があり、思わず写

DCIM0037.jpg

STIL0005.jpg

ゴールしても降られることなく無事に終了。
我がTRAPは全員が無事に完走できました。

IMG_7118.jpg

スタート・ゴール会場では熱い豚汁とぜんざいを頂きました。豚汁は塩分たっぷりでぜんざいはひたすら甘く。
両方とも疲れ切った身体にとても美味しく頂きましたよ。

IMG_7121.jpg

最高の達成感とともにみんな帰って行きました。

IMG_7122.jpg

自分はのんびりし過ぎて、駐車場を出たのは参加者の中でおそらく最後でした。

IMG_7119.jpg


今回は心配しまくり の雨もたまに降ったくらいで、ほとんど影響はなくホントに良かったです。

台風が来る!と言ってるのに開催を決めた主催者の英断というか、のん気さに大感謝です。
まあふつうならば中止をしていたでしょうね。

お陰で200kmもの山岳トレーニングができて、自転車は自然が相手であることをあらためて思い知りました。

あ~楽しかった!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。