スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真額(フォトフレーム)の製作

音響熟成木材の端材で今度は写真額を作りました。

高温注意報が出まくりの中、着ている「ツナギ」が上から下まで汗におぼれながら。

DSC06289.jpg

厚さ38mm極厚の床材です。表面は少し劣化して汚れています。
手押しカンナで「うづくり」を削り取りました。

0.5mmの削り量では3回の往復できれいに平らになりました。
ルータービットが大きいので全面を使用する為に、床材を40mm角にカットします。

DSC06290.jpg

こんなに大きなビットです。
ルータービット専門店「ディグラム」の通販で買いました。
普通のホームセンターではまず売っていません!

DSC06298.jpg


DSC06291.jpg

断面の曲線は思ったほどコテコテな感じではなく、なんか上品な形状に成型できましたよ。

アクリル板と裏板と写真を嵌めこむ厚さを5mmと決めて、ストレートビットで削ります。

DSC06295.jpg

デジタルデプスゲージ!なかなか便利です。

DSC06296.jpg

DSC06297.jpg

ビットの高さと削る量を正確に設定できます。

スライド丸鋸が登場! 簡単・確実に45度でカット。 滑らかな切断面です。

DSC06294.jpg

次は「ビスケット・ジョイントカッター」が迎撃! みごとに半円を掘りこんでいます!

DSC06300.jpg

木工ボンドを流し込み接着! ビスケットは0番を使用しました。

DSC06301.jpg

接着剤は最低限の使用量にしないと曲面部に溢れたら拭き取るのが面倒です。

DSC06299.jpg

額縁クランプでガッチリ固定。暑いので接着剤がすぐに固まります。

アクリル板と裏板を嵌めて、

DSC06304.jpg


裏面に「とんぼ」と「ギザギザフック」を取り付けて完成です。

DSC06303.jpg

8月のイベントの記念品にするために7個作りました。

DSC06308.jpg

持っている電動工具の大半を使用しました。
ふ~暑かった・・・。

DSC06307.jpg

今回思ったこと。

数多く作るとどうしても製作の丁寧さが疎かになります。やはり1個を時間をかけてじっくり作る方がいいですね。
まあ今回は一つでも多く作る必要があったので、これはこれで面白かったですよ。

次回は作業場を完成させます。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。