スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチのリメイク

出張の合間のわずかな時間に木工製作を行いました。

今回は3年ほど前に作ったベンチの座面と背もたれを「音響熟成木材」で作り替えます。

DSC03411.jpg

1×4のSPF材で作って着色ニスを塗った座面は座った時に冷たく感じます。
普通の材料では仕方がないですね。
やはりここは一番、「音響熟成木材」に登場願うしかありませんな。

手元にある音響熟成木材の端材は厚みと幅、長さもまちまちなので手押し電動カンナで板厚を揃えます。
しかし!やはり手押しカンナではミリ単位まで合わせることはできない事がよく分かりました。

こうなれば自動カンナを手に入れるしかない! どんだけ買えば気が済むのやら・・・。

板のつなぎ目のわずかな段差はグラインダで削って無理やり合わせました。

DSC03423.jpg

座ってみると、柔らかな感触でまったく冷たくはありません。
何よりも見た目にやさしく、観賞用のベンチになりました。

♯400のサンドペーパーで仕上げ磨きをするとツルツル・すべすべになります。
普通の板材をどれだけ磨いてもこんな感触にはなりません。
写真では木目が際立って見えていますが、じつはガラスのようにツルツルしています。

DSC03419.jpg

テーブルと丸椅子と。昭和の板の間になりました。

DSC03424.jpg

カンナ屑はこんなに出ました。集塵機のタンクがすぐに満タンになります。

DSC03426.jpg

ぼちぼち新潟県に向けて大阪空港に出発します。とほほ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。