スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 四条通

徹夜明けで名古屋での作業を終えて、京都まで来ました。

「木の家の会」の男子会が行われる、京都の四条麩屋町にある「さくら水産」です。

京都 四条 5

四条通をぶらぶらと歩くのは楽しいことです。

こんな京人形を売っている店がありました。

京都 四条 2

京都 四条 1

眺めているだけでも面白いですね。

土曜日の夜は賑やかです。

京都 四条 4

おいしい魚とおいしいビールと飲み放題に含まれるボトルワイン。
寝ていないのでハイテンションです!

京都 四条 6

ここにいる4人は稀代の呑み助であることがよ~く分かりました。
ビールは全て大ジョッキです。

のみすけ

注文はタブレットでできます。便利なものですな。

「注文のボタン押してー」 「ピンポーン」 「あっ正解や!」 というしょうもないギャグはもう使えません。

DPP_0001.jpg

飲み過ぎて意識不明のまま、阪急電車に乗ってなんとか自宅まで辿り着いた模様です。

知らない間にこんな写真を撮っていました。
四条通の地下通路です。

京都 四条 8

おっさんばかりで美味しくて楽しい時間でした。

風~。

スポンサーサイト

飛騨高山

名古屋での作業の合間に岐阜県高山市まで行きました。

昼間の作業が終わり、そのまま東海北陸道をひた走り飛騨清見ICまで。
高山の街に入る所の橋梁を架設しています。

市街地の架設工事の定番ともいえる「夜間作業」で、交通規制が終わってから朝まで作業は続くのであった・・・。
右側の跨道橋を架設しています。

上切跨線橋 16

上切跨線橋 07

左側の橋も3年ほど前に架設しました。
高山は何度も来たことがありいい街なのですが、作業が終わり次第すぐに名古屋に戻らないといけません。

上切跨線橋 26

徹夜でまた明日、名古屋で作業があります。

明道町まで戻ってきました。

上切跨線橋 33

確かにハードではありますが、いつものこと。慣れてしまえばどうという事はありません。
左前方にあるカーブの橋桁もずっと以前に架設しました。

彼岸花

家の近くに彼岸花がたくさん咲いています。

彼岸花 01

彼岸花 02

ちょっと不気味ではありますね。

彼岸花 09

被写体にはピッタリです。

名古屋だがね!

宮崎県から大名古屋県にすっ飛んできました。

順調に橋は架かって行きます。

DSC06636.jpg

先端は対岸に到達しました。

DSC06634.jpg


今回は自転車を持ってきていないので、現場作業が終わりホテルに入ってシャワーを浴びてからふらふらと街に出かけました。

名古屋駅の高層ビル群です。

DSC06641.jpg

手前の雑草が気になりますが・・・。

DSC06638.jpg

秋の夜風がとても気持ちいいです。

名古屋駅前のビックカメラにCANON EOS 70Dを見に行きました。
やっぱりいいなあ~と手にとっていると傍らに広告が。
なんと同じくEOSの 7D Mark-Ⅱ が11月に新発売となるそうです!

DSC06644.jpg

しかし!! 本体だけで にじゅうまんえんなり~。
これは無理無理。 70Dでも本体価格10万円くらいなのに、その倍とは。

贅沢なことを考えずに、本来の70Dをどうすれば手に入れられるかを考えます。
趣味が多いと金がかかってしゃあない!

でもいいなあ~。


駅裏には多くの一杯飲み屋さんがテーブルを出して営業をしています。

DSC06643.jpg

一人で飲むほどことつまらないものはないので、眺めるだけで通り過ぎました。

宮崎県

11月からなんども行く事になる宮崎県の現場に打ち合わせに行きました。

雨の宮崎空港に降り立ちます。

DSC06622.jpg

宮崎といえばフェニックス。南国ムードがあります。

DSC06623.jpg

遠くまできました。

DSC066.jpg

宮崎県宮崎市の国道10号線一ツ瀬川に新たな橋を架けることになり、
その工事で来年の4月まで半年間ほど通うことになります。

空港の中はまさに南国。

DSC06625.jpg

いいですね~。

DSC06626.jpg

これから急いで帰って今度は名古屋に行きます。現地の滞在時間はわずかに6時間ほど。
ヒコーキ代、往復46,000円で日帰りとはなんとももったいない。
次回に来るときは「地鶏」をゆっくり味わおうと思います。

嵐山から美山へ

今日は年のうち何度もないような休日の大快晴!

こんな日に走らないでいつ走る!とばかりにロードに出発しました。
木工の製作もいっぱいたまっているのですが、今日ばかりはどうしても走らない訳にはいかない!

嵐山から保津峡を抜けて、京北町から周山~美山町へとコースを計画しました。

嵐山に入る前、私の両親が結婚式を挙げた「松尾大社」です。

松尾大社

嵐山の渡月橋です。
保津川下りはココが終着点になります。

渡月橋

秋の快晴に誘われて多くの人で賑わっていました。

保津川

平安の昔から有名な観光地だけあって、とてもきれいです。

五百羅漢像があり、さまざまな表情をしています。
寄付をすれば誰でも奉納できるみたいです。幾らくらいかかんのかな?

五百羅漢

観光地の喧騒を抜けて水尾への小道に入りました。
静かな街並みが続く・・・。

水尾の道

いよいよ六丁峠へアタック!

六丁峠へ

木陰の涼しい登り坂です。
ノーヘルのローディーが下ってきました。「鉄かぶとをかぶらんかい!」と心の声。

徐々に勾配がきつくなってきて、最大で20%ほどです。

六丁峠 上り

峠にはカーブミラーが下向きについています。峠の向こうを見通せるようにでしょう。

峠

以前は登りきると心肺停止におちいっていましたが、この頃は慣れたせいかそうでもありません。

下方に保津川が見えています。

嵐山 ~ 保津峡 26

JR保津峡駅

保津峡駅

DSC06619.jpg

京北町に入ろうとしましたがR477の宇津峡への下りは工事中で、日吉ダムの方へ迂回しました。

真夏と勘違いしていて、このまま美山まで行くと日が暮れることに気が付き、桑田町から周山へ戻り高雄へ。

R162は何箇所もトンネルが開通していて、かなり手ごわかった栗尾峠もトンネルで一気に抜けてしまいました。
確かに便利で安全にはなるでしょうが、ロードマンには面白くないですね。
いくつもの峠をこえて京北町に到着する楽しみが半減しました。

大阪に戻った時にはすっかり日が暮れて、ライトを持ってこなかったことを反省。
秋の日はつるべ落としであることをすっかり忘れていました。

美山に行けなかったので、走行距離は140kmにとどまり、ちょっと残念でした。
200kmほどは走りたかったのに。
とはいえ、最高に気持ちのいい秋の一日でした。

明日は一番の飛行機で宮崎県に行きます。








極厚鉄板バーベキュー

以前に製作した「極厚鉄板」でステーキ肉を焼きました。

IMG_7042.jpg

厚さ30mmの極厚鉄板です。肉が焼けるくらいまで温度が上がるのに1時間ほどもかかりました。
やっぱりなかなか熱くなりません。
しかし!一旦熱くなると最高に美味い肉が焼けます。

IMG_7045.jpg

コストコであまり高くない肉塊を買いましたが、やっぱり焼き方で味は変わるものです。
ホンマに旨かったですよ!

IMG_7046.jpg


天然鮎も焼きました。

IMG_7040.jpg

IMG_7050.jpg

これまた美味! かなり有名な鮎釣りの名人が釣り上げたそうです。まさに天然もの。

あとは得意のスモーク料理です。
手羽中ともも肉。ダッチオーブンとスキレット、大型のスモークコンロなどを駆使して燻しあげました。

IMG_7026.jpg

IMG_7025.jpg

手羽なんかはいくらあっても瞬殺!です。

IMG_7053.jpg


おいしさに腹いっぱいの秋の一日でした。

南陽橋の架設

先月から名古屋市港区の「南陽橋」という国道橋の架設工事に来ています。

DSC06410.jpg

写真ではよく分かりませんが、国道302号線の横に同じ橋をかけています。
将来は名古屋第二環状線(名二環)ができるので、その側道になります。

DSC06552.jpg

川の中に橋脚があり、そこへは小さなボートに乗って渡されたロープを手繰って行きます。

DSC06413.jpg

対岸まで届くと架設は完了。

DSC06563.jpg

もうちょっとで到達しそうです。
これが終わると次の工事は千葉県成田市、その次は宮崎県宮崎市とまだまだ旅は続きそう。

ひとつひとつの工事が無事故で無事に終わることを祈るばかりです。

カフェ・テーブル

以前に作った「カフェテーブル」です。

DSC06537.jpg

天板は音響熟成木材で、脚は赤松の荒材を磨き上げました。

DSC06538.jpg

質感が全く違うのがお分かり頂けると思います。
脚と補強の丸棒はオイルステインを塗っているんですけどね。

天板は無塗装でフローリングの杉板と同じものなので、一体感があって床から生えたみたい。

DSC06539.jpg

脚の部分がホームセンターの荒材ではどうにも気に入らないので、脚も作り直すようにします。


木工は自転車の次に楽しいです。



LOOKの分解整備

愛車のLOOKを分解して完全整備を施しました。

DSC06528.jpg

チェンホイールをばらし、チェーンも切断・BBも解体して清掃とグリスアップ。
普段からきれいにしているつもりでもBB廻りなどはグリスで真黒になっていました。

DSC06532.jpg

完全に拭き上げてます。

DSC06534.jpg

フリーもハブも分解整備しました。フリーコグにたっぷりグリスアップするとマビックのホイールはラチェットの音が消えます。
1000kmほど走ってまたラチェット音がし始めるとグリスアップの時期となります。

DSC06535.jpg

フロントディレーラのチェンガイドがかなりすり減っています。

DSC06536.jpg

完全整備で残りのシーズンを頑張ります!!

DSC06533.jpg

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍

今年も参加しました。
乗鞍ヒルクライム。 今回は娘夫婦も来てくれています。
会場近くの山小屋に泊めていただき、嫁さんの友人にいつもながら大感謝。

移動の前日はいい天気でとても暑かったので、このまま明日も快晴やったらいいのにな~。と楽しみにしていました。

会場への国道はいつも大混雑なので、受け付け締め切り時間に遅れないように現地には午後2時ごろに到着。
早々に受け付けを済ませて、ゆっくりといろんなブースを見て廻りました。こんな余裕のある行動は初めてです。

山小屋から娘の旦那のしょう君と軽く試走に出発。
スタート地点からものの2kmも行かないうちに「ここで終わり」と止められました。
仕方がないので2回登り、2回目はかなりのハイペースでしたが、しょう君は全く離れません。
すごい!よくここまで成長したもの。明日が楽しみです。

メイン会場まで降りてくると今回一緒に泊るUさんご夫婦からちょうど電話があり、グッドタイミング。
一緒に山小屋まで下りました。
明日の準備をしているうちにポツポツと雨が降り出し。あ~あやっぱり。

夕食は材料から調理器具まで全てを持ち込んで、嫁さんとUさんの奥さんと娘と3人がかりで自宅と同じおいしいメニューを作ってくれました。
レース前夜にビールとおいしいご飯が食べられて大満足。寝不足もあり、9時半には完全に眠りにおちた次第です。

朝5時に起きるとしっかり降っています。テンションは急降下ではあるけど8,000円もの参加料がかかっているので、走らない訳にはいきません。
小屋の中でローラーでアップを始めて、現金なもので30分も乗るとしっかりとスイッチが入りましたよ。

会場に出発する頃には霧雨になって来て、これは止む!と確信しました。
スタート時には殆ど降っていません。頂上付近では青空が見えているとの情報もあり、ホッとしてスタートしました。

26年 乗鞍 07


しかし、今シーズンの絶不調、同じカテゴリーにどんどん追い抜かれます。20人ほども先行されたでしょうか。
去年は一人にしか追い抜かれなくてクラス12位だったので、今年はどうなることやら。
そんな調子でも文句なしにBORAは軽かったです。ヒルクライムでも性能を十分に発揮することがわかりました。

いつものように登りながら 「今、あの乗鞍ヒルクライムを走っているんや!」 と感動することしきり。
残り5kmと看板が出てくると、「あ~あ あと5kmで乗鞍が終わってしまうのか・・・。」と普通のヒルクライムでは絶対にあり得ない名残惜しさです。

一気にラストスパートをしたい思いと少しでも長く登っていたいという気持ちと。
そんなこんなを考えているうちに辺りが急に大快晴になりました! これにはびっくり。

写真 2

大雪渓が輝いています。空気が透き通っていてとてもきれいです。

きらめく大気の中、ゴール。
今回はクラス700人中30位でした。 「今日はこんなもんにしといたるわ!」by池のめだか

5分前にスタートしたしょう君は追いつかれることなく、しっかり逃げ切ってくれました。

写真 1

こんな頑張る息子がいてくれて、おとーちゃんは嬉しくて仕方がありません。

無事に下山も完了して、温泉に入る前に全員で記念写真です。

26年 乗鞍 13


帰り道、松本の街ではそばが実っていました。

26年 乗鞍 そば 16

26年 乗鞍 19


その製品版を頂き。やっぱり信州の蕎麦はコシがあり美味しいです。

26年 乗鞍 25

ひまわり畑もありました。

26年 乗鞍 ひまわり 24


乗鞍岳のマグカップが欲しかったのですが、今年は売っていなく代わりに「大雪渓」のワンカップを買いました。

26年 乗鞍 26

いい思い出になります。おいしそうです。

レースは優勝しか要らない自分が唯一、勝ちにこだわらないのがこの乗鞍HCです。
なにがそんなにいいのか自分でもよく分かりませんが、実に楽しい!!

いつも帰りの車では「あ~面白かった!」です。 来年も必ず参加します!

来週はうって変わって平地レース、舞洲クリテリウムです。頑張るしかありません!!!











世界の山ちゃん その2

また名古屋出張で「世界の山ちゃん」に来てしまいました。
今回は伏見店です。

DCIM0030.jpg

4人で来て、手羽先5人前を4回お代わり。

乗鞍のレースはどーするんやー。

世界の山ちゃん 栄店

名古屋出張で久しぶりに「世界の山ちゃん」に行きました。

言わずと知れた名古屋名物 手羽先のプロショップです。

山ちゃんで生ビール

いつになく今日はおとなしく、二人で来て手羽先5人前を2回お代わり・生ビールを4杯で済みました。

「今日はこれくらいにしといたるわ!」

ピリ辛の手羽先はやっぱり美味しかったです。

来週は乗鞍ヒルクライムなのにこんなものを食べててええんやろか?

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。