スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真額(フォトフレーム)の製作

音響熟成木材の端材で今度は写真額を作りました。

高温注意報が出まくりの中、着ている「ツナギ」が上から下まで汗におぼれながら。

DSC06289.jpg

厚さ38mm極厚の床材です。表面は少し劣化して汚れています。
手押しカンナで「うづくり」を削り取りました。

0.5mmの削り量では3回の往復できれいに平らになりました。
ルータービットが大きいので全面を使用する為に、床材を40mm角にカットします。

DSC06290.jpg

こんなに大きなビットです。
ルータービット専門店「ディグラム」の通販で買いました。
普通のホームセンターではまず売っていません!

DSC06298.jpg


DSC06291.jpg

断面の曲線は思ったほどコテコテな感じではなく、なんか上品な形状に成型できましたよ。

アクリル板と裏板と写真を嵌めこむ厚さを5mmと決めて、ストレートビットで削ります。

DSC06295.jpg

デジタルデプスゲージ!なかなか便利です。

DSC06296.jpg

DSC06297.jpg

ビットの高さと削る量を正確に設定できます。

スライド丸鋸が登場! 簡単・確実に45度でカット。 滑らかな切断面です。

DSC06294.jpg

次は「ビスケット・ジョイントカッター」が迎撃! みごとに半円を掘りこんでいます!

DSC06300.jpg

木工ボンドを流し込み接着! ビスケットは0番を使用しました。

DSC06301.jpg

接着剤は最低限の使用量にしないと曲面部に溢れたら拭き取るのが面倒です。

DSC06299.jpg

額縁クランプでガッチリ固定。暑いので接着剤がすぐに固まります。

アクリル板と裏板を嵌めて、

DSC06304.jpg


裏面に「とんぼ」と「ギザギザフック」を取り付けて完成です。

DSC06303.jpg

8月のイベントの記念品にするために7個作りました。

DSC06308.jpg

持っている電動工具の大半を使用しました。
ふ~暑かった・・・。

DSC06307.jpg

今回思ったこと。

数多く作るとどうしても製作の丁寧さが疎かになります。やはり1個を時間をかけてじっくり作る方がいいですね。
まあ今回は一つでも多く作る必要があったので、これはこれで面白かったですよ。

次回は作業場を完成させます。



スポンサーサイト

カッティングボード(まな板)

音響熟成木材の端材でカッティングボード(まな板)を作りました。

5写真

ネットでサンプルを探してデザインをパクリました。

4写真

3写真

2写真

1

作り方は難しくありません、
端材を適当な大きさにカットしてジグソーで好きな形に整えます。

吊り下げ用の穴を開ける方法はフォスナービットで一気に開けると裏側が必ず欠けるので
先に細いドリルビットでパイロット穴を開けます。

パイロット穴を目がけてフォスナービットで板の半分まで開けて、裏返して同じくパイロット穴
を目がけて残りを貫通します。これで欠けることなくきれいに開きます。

角のR加工はトリマー。小さめのRビットで全周を丸めました。

さすがは音響熟成木材、キッチンに杉の芳香が漂っています。

那智勝浦 ~ 那智山 ~

那智勝浦の那智山に登りました。

以前にヒルクライムのレースで来たことがあります。

那智の大瀧が圧巻でした。

DSC06218.jpg

DSC06225.jpg

勾配は緩いものの、カーブが続くとてもいいコースです。

DSC06229.jpg

DSC06228.jpg

コンパクトデジカメでもこんな写真が撮れましたよ。

DSC06238.jpg

DSC06227.jpg

楽しいコースなのですが、以前に発生した「紀伊半島大水害」の傷跡が至る所に見られます。

DSC06234.jpg

道路を横切って土石流が殺到したようです。

DSC06235.jpg

下界から見るとこんなんです。

DSC06256.jpg

この災害のためにヒルクライムレースは中止になっていました。今年は開催されるかな?

ずっと続いた旅の日々もこの和歌山県が終わると小休止。

今月は暫く会社に出勤する日が続くようです。

トレーニングと木工製作に励みます。




太平洋 熊野灘

日本海から太平洋に移動して来ました。
今回は自転車ではなく、残念、会社の車に乗って。

紀伊半島を大きく廻って、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の工事現場に向かいます。

大阪から阪和道の終点まで、そこから国道42号線をひた走り。

熊野街道の海沿いを走っていると台風の影響もあり、海が荒れていました。

DSC06190.jpg

先日に見られなかった日本海の荒波のようです。

DSC06191.jpg

イノブタの産地という事でこの駄洒落。

DSC06192.jpg

目的地である那智勝浦町の現場は大阪から約5時間の距離でした。
これだけの時間があれば東は東京・西は山口県まで行く事ができます。

紀伊の国は遠いところ。 県の7割にも及ぶ面積が森林地帯であるそう。
もともとは「木の国」と謂う名称が「紀伊の国」になったとか。木が多いということは間違いなくいいことです。

作業が終わってからロードに出発、明日からは台風による大雨のようなので時間を惜しんで走ります。

三重県に入り、海岸沿いの国道を海を眺めて気持ちのいいサイクリングです。
七里御浜の海岸はきれいな砂浜が続いていますが、波が凄い!
引き波と寄せ波がぶつかって海が咆えています。

DCIM0114.jpg

すごい迫力でした。

海霧というのでしょうか? 靄が発生していて幻想的でした。
こんな景色を自由に見ることができる自転車はいいものですね~。

DCIM0110.jpg

DCIM0113.jpg

DCIM0115.jpg

明日は台風8号が襲来するようです。
どうなることやら。


日本海ロングライド

7月6日に日本海までロードでロングライドをしました。

大阪の自宅から福井県小浜市まで往復。
全行程約270km 実走行時間9時間43分・全所要時間16時間の長旅となりました。

26年7月 日本海 04

26年7月 日本海 05

1日の走行距離270kmは今までの最長記録です。
ロードで日本海まで行ったのは初めてなので、TRAPのメンバー総勢9名と楽しく走りましたよ。

福井県に入り、小浜市の 「田烏トンネル」 を抜けるといきなり日本海が眼前に拡がりました。
それまでずーっと山道であったのに急に視界が開けて大海原。これにはちょっと感動です。
思わず記念写真。

26年7月 日本海 01

26年7月 日本海 06

冬によくある日本海の荒波とは全く違い、穏やかな海です。

ちょうどお昼になったので、ネットで調べて小浜市では有名らしい「こだま食堂」で昼食に決定。
お目当ては「わらじかつ丼」
HPで見ると超弩級の大きさの豚カツが乗っているようです。 
混んでいると聞いてたのですが行ってみるとちょっと待っただけで空きができたので9人で乗り込みました。

運ばれてくると。
メニューの写真よりも遥かに大きな豚カツがどんぶりからはみ出しています。

26年7月 日本海 07

      どっひゃあ~。 うどんも付けていますよ。
      こんなん誰が食べるのでしょうね。

26年7月 日本海 08

店員さんに聞くと、どんぶりの蓋に豚カツをとりあえず置くといいようです。

26年7月 日本海 09

食べてみるととても柔らかい豚肉で、うどんもしっかりコシがあって両方とも美味かったです。
この大ボリュームで1,030円。安い!! 
しかし! 文句なしのカロリー満点です。
このあとまだ100km以上走るとはいうものの、それくらいではとても消費しきれるカロリー値ではありませんよ。

ぱんぱんのお腹を抱えて出発。腹がつっかえてロードの下ハンドルが持てません。
ずっと上を持って走りました。 

この頃からポツポツと雨が。2時頃でしたが、ここまで曇り空のままでよく持ってくれたものです。
京都府へ入る堀越峠は雨に打たれて、逆に涼しいくらいで登れました。

美山町で小休止を終えた時にはすっかり本降りになっています。

26年7月 日本海 02

メーターも雨粒で見えません。

26年7月 日本海 03

亀岡まで戻ってきてまた小休止。雨は全く止むような気配はありませんでした。

26年7月 日本海 10

この辺りで豚カツを食べてから2時間が経過。
自分はいくら食べても2時間で完全に消化しつくすので、既に空腹を覚えています。
なんと燃費の悪い。70年代の「アメ車」のよう。

雨はますます強くなる一方です。
まあ既に全身が完全に水没しているのでいまさらどうという事はなく、ここからも通常通りのトレーニングとしました。

路面が川のような所もありスリップ注意でしたが滑って転倒とかも無く、全員無事故で帰着することができてよかったよかった。

自宅に帰り着くとすぐにロードのメンテです。
各部を完全に拭き上げて、チェーンに注油。着ていたものは全部洗濯しました。
靴も中敷きを取り出してふろ場できれいに汚れを落として。
ここまでしてやっと入浴に辿り着きました。

今日はいつになく調子がよく、美山町から日吉までは大雨の中40km/hオーバーで巡航することができ大満足。
これからのレースに期待ができそうです!

ガーデンシェルフ

久しぶりに大物に挑戦です。

電動工具が増えてきて収納する場所が足りなくなってしました。
エアコンの室外機を取り外した跡が空いたので、物置 ガーデンシェルフを作ることに。

beforeはこんなんです。

DSC03527.jpg

全部撤去して、

DSC03528.jpg

DSC03530.jpg

作ってからここに運び込んで設置することは無理なので、定位置で組み立てることにしました。

まず外枠から作ります。

DSC03532.jpg

電動工具とか薪とかの重量物を収納するので、補強をしっかりとしています。

DSC03534.jpg

DSC03533.jpg

これを組み立てて、側板を張って。

DSC03536.jpg

DSC03537.jpg

前面の最下部は集塵機を収納する箇所で、扉を付けました。
その上には薪を積んでいます。これだけでもかなりの重量になると思います。

DSC06181.jpg

DSC06182.jpg

下の扉を開くと木戸口のようになり、ちょっとおもしろい。

DSC06183.jpg

こんな風に入っています。

DSC06187.jpg

手作りのいいところ、我が家のウッドデッキのサイズにぴったりで、デッキの手すりの位置にある側面部に電動工具を収納しています。
こうすれば取り出してすぐにデッキの作業台に置くことができます。

DSC06184.jpg

今のところ、糸のこ盤と手押しカンナを入れています。

DSC06186.jpg

将来的に自動カンナを導入する予定なので、そうなればスライド丸鋸をここに仕舞い、デッキの収納庫にあこがれの自動カンナを置きます。

ここまで作っても実はまだ未完成で、側面にも扉を付けて前面の板張りにも飾り枠を取り付ける予定です。
やり出したらキリがないんですけどね。

今年に入ってからずーっと出張続きであったので、たまにはええか!と有給休暇をとり製作を始めました。
しかし!!1日で仕上げるのはとても無理なことで、思い切って次の日も休みをとって2日間でここまで仕上げました。
あとは電気配線などの軽作業なので、土・日で十分完成までこぎつけることができます。

これだけ作業環境が整えば効率よく作業が出来て、作品の質も随分と向上すると思います。

これが完成したら次は何を作ろかな~


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。