スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANON EOS 70D

LOOKが売り切れていたので、数多い趣味の一つであるカメラが欲しくなりました。
最近自分の中で台頭が著しい趣味です。我が家はとにかくイベントが多いので、どの場面でもカメラは必需品なのです。

その中でもEOS 70D

70D

今持っているEOS Kiss 5Xでも全然使いこなせていないのに、こんな高級機は全く必要ない!!と叱られそうですが、5Xよりもかなりきれいに撮れると思うとやっぱり欲しいですな。

このカメラで撮るとこんな写真とか

p6_r1_i.jpg


こんな写真を撮ることは理論的には可能です。
おんなじカメラを使っていると言ってもトッププロが渾身の一枚として撮っているので、一緒に考えてたらあきません。

同じカメラか?

どんなことでもプロの仕事というものは常人とはかけ離れていますね。
スポンサーサイト

箱根峠

LOOK695は売り切れていました・・・。残念。
ちょっと設計が古いかなと思っていたので、まあええか。

今週も静岡県に来ています。
今日は作業が早くに終わったので、箱根峠から熱海方面に出発!

三島市から国道1号線で東海道をお江戸方面へと走ります。
すぐに箱根街道になり登りが始まったものの、全然アップができとりません。
さすがに国道1号線であり、最大でも8%程度とあまり勾配がきつくないのでゆっくり登ってウォーミングアップとします。
同じ国道でも大阪にある308号線の暗峠ときた日にゃ37%ですよ、お客さん。でもまたよじ登りたいなあ~。

途中に何箇所か旧東海道の名残の細道がありました。
一番きついところでは最大の勾配が40%もあったそうです。今では均されて16%ほど。残念、40%を登ってみたかった。

この個所は「こわめし坂」という街道随一の急坂であったそうです。

旧街道の入り口


なんでこわめし(強飯)というか?説明板によれば余りの急坂に、登る人の汗と蒸気で背負っているお米が半分炊きあがってしまい、堅い飯になったということです。

説明板


最初はさほどの勾配ではないですが。

こわめし坂-1


更に進むと急に先が見えなくなりました! 急勾配にはまり込んで行きます。

こわめし坂-2

メーター読みで16%ほど。なかなかいい坂です。


1号線に復帰して全部で13kmほどの道のり、峠に到達しました。

天下の険

箱根の山は天下の険

箱根八里

今は何と言う事のない峠道ですが、昔は本当に天下の険であったことでしょう。

ずーっと以前、まだロードに復帰する前にこの道を車で走ったことがあります。
その時は余りの急坂に見えて「こんな道は絶対ロードでは登れるもんか!」と思ったものでした。

峠付近は湿度が高く、自転車にもすぐに露が降りてきます。
日暮れにつれて気温もどんどん下がってきて寒い寒い。
熱海方面は諦めて登って来た道を引き返して下って行きました。

LOOK 695

久々にというか、年中というか。
物欲がむくむくと湧きだしております。

その物欲の対象はロードレーサーのフレームで クライマー様御用達の LOOK695!!!

LOOK695

この写真は完成車で、今乗っているロードのパーツを流用するので完成車ではなくフレームだけの購入となります。
(購入できたらの話)
大阪住之江の某ウエムラパーツでかなり安く販売しているのを見てしまいました・・・。
安くと言っても30万円を遥かにオーバーです。

今乗っている同じLOOKの566はレースで使用するには余りに剛性が不足しているのを実感しています。
アップの時にローラーに乗ると、それだけでBBの部分が撓んでいることが確認できるほど。
対してこの695はBBの幅とシートチューブ・ダウンチューブの太さが同じくらいにぶっといです!
こんなに太さがあればどれだけ剛性が高いことやら。

今のロードでもまあ勝ててはいるのですが、695にアップデートすればもっと勝てるかも?

出張手当をせっせと貯め込んでなんとかしたろかい!!


旅の夜空

日曜日の夜から静岡県三島市に出発。380kmを4時間で走り切りました。
新東名高速を初めて走りましたが、そのきれいなこと! 道幅も広く140km/hで巡航しても全然危なくありません。道路は安全なのですが、潜んでいる覆面パトは危険極まりなく、厳重注意が必要です。

この路線は何年も前から工事をした個所が多く、途中に懐かしい地名がいくつもありましたよ。
しかし橋の架設が完成すると、工事中とは全く様子が変わるので名残を探すことが難しいです。
同じ時期に開通した新名神とは規模と言い、SAの充実度と言い全然違います。やっぱり東日本とは差をつけられたとまた思いました。

火曜日に一旦帰って、水曜日の早朝から山口県の宇部興産に打ち合わせ、昼までに終わってすぐに帰阪。
荷物をまとめてまた三島市に向けて出発。
自転車で鍛えた体力が無ければ今頃はへたばっていることでしょう。

輪行大旅行

宮城県から一旦帰り、関西トラックフェスタ向日町 最終戦に参戦しました。

結果は☓。
グランフォンド吉野ではあんなに調子がよかったのに、ほんのちょっとしたことで絶好調から急降下、絶不調になってしまいます。
この頃は特にそういうことが多くて困ったもんです。吉野から疲れと多忙でほとんど乗れていなかったことが原因でしょう。
バンクでは報告できるような結果を残すことができまへんでした。

宮城県から土曜日に帰り、今日の体育の日は神奈川県へ移動です。

新幹線に輪行袋を載せてデッキ付近に固定します。

輪行袋の固定

この頃はずいぶんと慣れてきて、固定する袋を方法も上手くなりましたよ。

この大荷物が無ければ出張に行くのもも楽々なんですが、まだ今シーズンはいくつもレースがあるために各地へ愛車とともに転戦を重ねます。

神奈川県の次は静岡県に行き、それから愛知県へ乗り込む予定。
宮城県 → 神奈川県 → 静岡県 → 愛知県 → 大阪府と順番に上方(かみがた)へ戻って行きます。

ブルーインパルス

グランフォンド吉野のゴール地点から電車を乗り継いで、はるばる宮城県まで来ました。

今回の現場は三陸自動車道の4車線化工事で、自衛隊松島基地の近くです。

現場事務所での朝礼が終わり現場へ移動しかけるとジェット戦闘機の轟音が。
見上げるとなんとブルーインパルスの編隊です!

九州で展示飛行の任務の最中に震災が発生し、基地が津波で壊滅した為に戻れなくなり、今年の3月になってやっと帰って来たとニュースで見たことがあります。

それが基地の上空で訓練をしていました。


レインフォール

レインフォールという技です。
4機が急降下して地上近くで展開。本来は5機でするようですが今日は4機でした。

この他にも訓練をしていた演目は垂直急上昇から急降下、地上スレスレで機首を起こし水平飛行など、迫力満点!
すごくきれいなんですが、運転手のおっちゃんにはどんだけのGがかかっているんでしょうね。

来週からも神奈川県、静岡県と旅は続きます。

山岳グランフォンドin吉野

今年も行きました、グランフォンド吉野。第10回大会です。
前日までの天気予報では雨が心配されましたが、実際はちょっと小雨が来た程度で時々晴れもありまずまずの天気でしたよ。

現地へは前日から乗り込み車中泊と小宴会をするつもりであったのに、急きょ仙台への出張が入っていしまい、終わり次第ロードと共にそのまま東北まで直行することになりました。
今までも過酷な移動は数多くあった中で、多分最高にしんどいものとなるでしょう。
ひどいと言えば乗鞍ヒルクライムから北海道、福岡の英彦山ヒルクライムから仙台などなど。

M田君の車に乗せてもらい朝2時から出発です。その甲斐があって現地では集合場所のすぐ近くに車を止めることができて、スタートラインも先頭を確保しました。

DSC01434.jpg


とにかく早くゴールして近鉄特急に乗らないと仙台まで今日中に届きません。
最初のたかすみエイドまでは去年と同じく先頭を走りました。
最後まで先頭というのは無理なので、これ以上の深追いはせずに柿の葉寿司を味わい、ゆっくり休憩しているとH松君が到着。続いてM田、K塩君も到着。

10人ほどの集団になりH松君が実にいいペースを作ってくれます。
しかし、足の郷の登り口で集団は解散! H松君と二人になり、ヒルクライムレースの開始です。

二人で前を走る参加者をちぎっては投げちぎっては投げのごぼう抜き、と言いたいところですが、メインの行者還では3人も抜かれてしまいました。
早くゴールして旅立ち、と気持ちは焦るものの、厳しいけど楽しい山岳コースを思いっきり登り下り、秋の吉野を満喫しましたよ。

登りも平地もハイペースでこなしたお陰でゴールしたのは2時55分。3時までにゴールできて今までの最速記録。
大満足でした。

ゴールでは明日香ヒルクライムと同じく直径3mほどもありそうな大鍋で「千人鍋」の豚汁が振舞われていました。
しかし、折からの夏日で熱々の豚汁の売れ行きはよくありません。

「何杯でもお代わり自由ですよ~」と言われていましたがあんまり。
食べてみると疲れた体に美味いこと! 2杯戴きましたが、時間があればもっと食べたかったです。

それから重い身体をひきづる様にして輪行袋にロードを梱包し出張道具を纏めて。
疲れきっての作業はしんどかった。

TRAPのメンバーはまだゴールしていなかったけど、近鉄吉野の駅まで送ってもらいちょうど止まっていた特急に飛び乗りました。
西大寺で乗り換え京都まで。新幹線で東京まで行き、東北新幹線で仙台に到着。
東北本線で塩釜まで、タクシーでお宿に到着したのは0時30分でした。

普通のビジネスホテルなので当然大浴場はなし。部屋の小さいシャワーでは疲れが取れるはずもなく、倒れ込むように寝たのは2時でした。

おわり。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。