スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁掛けテレビ棚の製作

ダルガ峰ヒルクライムはやっぱり中止でした。残念無念。
まあこんなこともありますね。主催の辻本さんも苦渋の判断であったことでしょう。
こちら大阪でも昼ごろからものすごい風と雨でした。これなら中止でも納得できるというものです。

来週はグランフォンド吉野 スーパーロングコースです。あくまでサイクリングイベントで、レースではないので気楽に頑張ります。

今日はそういうことで、久しぶりに木工を楽しみました。
英彦山の賞品でで戴いたLEDアクオスを設置する棚を作ります。
キッチンのこの場所に壁掛けとしてテレビを設置します。ついでに棚も手作りに入れ替えをします。

ビフォア・アフターのビフォアです。

ビフォア

アフターはこういう具合。

アフター

製作するにあたっていろいろと問題はありましたが、一番大きな問題はキッチンにはアンテナ線が来ていないことです。
そこで隣の部屋から屋根裏にもぐりこんでアンテナ線を引き回すことにしました。
4分配のスプリッタから更に2分配にしてキッチンまで埃まみれになって線を持って行くという大仕事です。

2分配

屋根裏には「オーブ」がいっぱ写っています。どうもオーブという物の正体は霊的なものではなくて、埃や水分とかが反射して写りこんでいるようですね。

オーブ

屋根裏で這いつくばったお陰ですっきりとテレビの真上から線を降ろすことができました。

線の出口

柱の裏の見えないところに配線しています。

配線完了

コーナンブランドのDVDプレーヤーも吊り下げました。

DVD

棚の製作はこんなものです。

棚

昨日の昼から製作に掛って完成まで2日でした。
今日は大雨の中での製作です。台風の激しい風で、工房の中まで雨が降りこむ始末。

昨日は棚の脚の部分をあらかた完成させて今日はその続きですなんですが、ものすごい風と雨のなかの作業になってしまいました。
長尺ものにサンダーをかけても端が雨で濡れてしまい、滑らかに仕上げるはずが逆に黒ずんでしまったり。
こんな日にはあんまり木工などをするものではないです。しかし今日しか「日」がなかった・・・。

塗料はクリアカラーを塗ったのですが、やっぱり天気の悪い日にペンキを塗るのは大凶です。
思うような仕上がりにはなりません。特に艶が出ないです。
それでも完成するとうちの嫁さんが大喜びをしてくれましたので、苦心して作ってよかったな。と思いましたよ。
キッチンで料理をしながらニュースを見たりできます。

近頃は家中の家具の殆どが手作りになってきました。
次の大物の製作予定としてリビングの本棚があります。ちょっと大きすぎて躊躇していますが、図面はとっくに出来上がっているので、レースシーズンが終わったらいよいよ取り掛かろうと考えています。
スポンサーサイト

ダルガ峰ヒルクライム

台風の接近で、明日の14時に開催か否かを判断するそうです。

天気予報を見る限りでは・・・・モロですね。
以前にグリーンピア三木のレースも台風で中止になったことがあります。
今回も多分無理でしょう。

あ〜残念!! 絶対に優勝できたのにな〜。 総合一位で優勝できたのにな〜。コースレコード樹立間違いなしやったのにな〜。
中止となると何とでも言えます。

万一の可能性にかけて、今日は軽いトレーニングにしときます。

第22回 英彦山サイクルタイムトライアル その2

レースが終わり次の日に勝利の余韻に浸りながら仕事の打ち合わせに行く準備をしていると、会社から電話が。

「今から仙台に行ってくれ~」

なんと!ここを何処と心得おる! 西の果ての大分県なるぞ!それを東北の宮城県へ行けなどと・・・。
はいはい。いつものことです。

東九州自動車道の工事の打ち合わせが終わったのが11時半。そこから小倉駅にレンタカーを返しにひた走ります。
自宅に着いたのはもう4時でした。

とりあえず自宅で今回の戦利品をお披露目。

戦利品

LEDアクオス・トロフィー・チャンピオンジャージ・賞状。今回は特別に競輪選手の本物のユニフォーム、それとレースの参加申し込み時に一言を書く欄があるのですが、その内容に対して「ナイスコメント賞」を戴きました。
今回のチャンピオンジャージで16枚目になります。
テレビはキッチンに置くことにしたので、またテレビボードの制作に勤しみます。

19時40分の最終便で仙台空港へ。
津波の被害が甚大であった空港ですが、ちょっと見たところ全く名残はありませんでした。

浸水

ただ、電車のホームへ上がる階段の途中に「津波浸水深ここまで」と高さ5mほどのところに表示がしてありました。

ここ仙台での作業は夜間作業で、2晩作業をしてあさってはまた和歌山県の作業に行きます。




第22回 英彦山サイクルタイムトライアル

英彦山に行ってきました。結果は優勝!! 3連覇達成! バンザーイ。 通算82勝になりました。

今年はうまい具合に大分県で打ち合わせという仕事を絡めることができたので、移動はリッチに新幹線です。
現地ではレンタカーという「大名旅行」

のぞみ

しかし、車ではないので大荷物を担いでの大移動になります。

大荷物

新幹線は228km/h。飛行機よりも遅い。

288km/h

前日に試走を済ませ、行橋市のビジネスホテルでゆっくり休養しました。

当日のスタート前にはこんな注意書きをペタリと。

力を抜く

レース中はどうしても力が入ってしまうので、こんなcautionシールを貼っていつも見るようにします。
肩の力が抜けるとその分、脚の方に力が行くようで更に強くペダルが踏めるような気がするのでした。

開会式のあとかなりの待ち時間が過ぎ去りいよいよスタート位置へ。
毎度のことですが、スタートラインではいつの間にか先頭の列に並びます。

号砲とともにスタート。1発でのクリートキャッチは失敗しましたが慌てずに2回目で完了。そこから先頭に飛び出しました。
最初は4kmの登りが続き一旦下りになり、6km地点からゴールまで登りが続くというコースです。

スタート前にエグゼスを飲んだお陰で、最初の登りは平地のように軽く先頭を切って行けました。周りはみんな息が荒かったのに自分だけは全くの平常心拍。すごい!
早速に白人の外人さんがアタックを仕掛けましたが、難なく吸収することができました。
今日は下りが終わるまでは集団の中でおとなしくしているという作戦でしたので、ほどなく2番手に下がり温存します。

下りが終わり、いよいよ勝負の登りが始まります。
今年はマークがきつく、集団の全員が自分にツキイチで誰も先頭に出ようとしません。それならばと登りはじめてから軽くペースを上げてみました。案の定、後続とは一気に差が開きます。
「ふむふむ。みんな一杯いっぱいやな。」と判断してそのままペースを上げ続けました。

例年通りこのまま独走で優勝か?と安心していると、一人が必死に追い縋ってきます。
だんだん追い着かれて、とうとうぴったりと後ろに着かれました。
「あぎょ~このまま二人旅かいな」 着かず離れず、全然離れてくれません。一時は先行されかけるほど。

しかし。危機的状況になればなるほど闘志が湧いてきて思わず笑みがこぼれます。
「よっしゃ!勝負や!」と作戦を立て直し。最後の500mまでハイペースで先行してそこからアタックする。
と決めました。
ガーミンの距離計とにらめっこ。結局残り500mからのアタックでは最後まで持ちそうになかったので、300mまで引き寄せてから渾身のフルスパートをしてようやく振り切ることができました。
まさに根性比べで勝つことができたようなものです。
ここで負けたら悔やんでも悔やみきれへん!と振り絞りました。

リザルト

結果は43分35秒。去年より1分短縮できて大満足です。
ゴールしてから待機場所まで同じ勾配なのですが、ゴールした後は力尽きてしまって倒れそうになりながら給水所までなんとか登りましたよ。

今年は初の試みとしてレースの様子をライブでストリーム配信をしていて、スタートと中間地点・ゴール付近をパソコンで観戦することが出来ました。
自分の姿も自宅でしっかり映し出されていたようです。

じつは今年の優勝賞品は前もって確認しておきました。中村産業さん提供で去年と同じくLEDアクオスです。去年の34型に対して24型。
2位・3位にも賞品を提供したので、小型になったそうです。なんでも大歓迎だがね!


82回目の表彰台真ん中です。

表彰式

賞品はLEDアクオスと特大のトロフィーとチャンピオンジャージと。ああ幸せ・・・。
3位の方は実業団E2クラスで走っているまさに現役選手です。

MTBクラスは同じく大阪から参戦のI原君が優勝。

井原君

6カテゴリーの内、実に2カテゴリーで大阪の選手がトップを持って行きました。気ィ悪いちゅうねん!

提供していただいた中村産業の社長さんです。
去年も何とかお礼を言いたかったのですがかなわず、今年はようやくご挨拶ができました。

中村社長

いかにも剛腕そうな社長さん。名刺交換も済ませました。自分と同じく建設業です。
なにか仕事貰えへんかな?

撤収します。これだけの荷物と出張道具を新幹線に積み込んで持って帰らんとあきません。
送ってもらってもいいのですが、やっぱり持って帰りたいもので。

大荷物

なんとか片づけて、今日のお宿大分県中津市のスーパーホテルを目指します。
ここ「スーパーホテル中津駅前」は中津市出張の定宿になっていますな。

中津市といえば外そうにも外せない「唐揚げ」
困ったもので、いつもは自宅で「エサンテ」で揚げた唐揚げ以外は食べないようにしているのですが、本場の中津に来てしまうとつい。

禁断のからあげ

まあ今日はお祝いということで勘弁してくだせえ、お代官様。

来週は岡山県の「ダルが峰ヒルクライム」に参戦。
この好調を維持してなんとかこちらも3連覇を達成したいものです。

第17回 クリテリウムin舞洲

舞洲クリテリウム秋大会に参加しました。
春大会のかたき討ちのつもりでしたが、返り討ちに遭ってしまいました。

台風の影響で風が強く、ホームストレートは強烈な向かい風・バックは背中を推されるような追い風です。
そう言えば第1回大会も同じような強風で、ずっと付き位置で姑息にもゴール前だけ飛び出して優勝したことを思い出しました。

今日も向かい風区間はなるべく先頭に出ないようにして、バックストレートを形だけ先行するように心がけるという、またもや姑息な作戦。

前日にチームメイトのM君から「明日はYさんに要注意ですよ」と言われていたのに、まあなんとかなるやろ。とあまり戦略も立てずに臨みました。

果たしてスタートしてからのYさんは余裕で先頭を牽いています。ちょっとこれは危ないな。と徹底マークに切り替え追走したものの最終周のバックからスパートされ、即座に反応できずゴール前でできるだけ追い込みましたが、ゴールでは1車体以上の差を開けられ、残念2位で終了しました。

ゴール!

タイム差は0.6秒ほどなのにこんなに開いています。これが自分のスプリントの実力かな?


表彰式では16枚目のチャンピオンジャージは逃しましたが、2位でも賞品は充実していました。

表彰式

ちょうど欲しかったフロアポンプやパンク修理セットなどを頂き、2位でも我慢せんとね。と思いなおしましたよ。

来週は本業であるヒルクライム、福岡県での英彦山サイクルタイムトライアル。
なんとか仕事を絡めてやろうと現在画策中です。
うまくいけば交通費・宿泊費・日当込みでレースに参加することができるので、様々な状況を調整中しています。

去年は34型LEDアクオスを戴きました。今年の賞品はなんでしょうね。






淡路島一周

昨日の日曜日に淡路島一周に行ってきました。
TRAPのメンバーであるJさんの会社のチームに合流させていただきました。

ウェスティンホテル淡路に車を置いて総勢14人で出発。
今回のロングライドはサポートカー付きという安心プランです。
自分の家内と娘、それと参加された方の奥さんの3人が車で伴走してくれました。

休憩

いろんなレベルの方がおられるのでコースを2種類用意して、途中から柏原山という山岳コースを取り入れたチームと普通に150kmを行くチームに分かれて走りました。
今日はロードを始めてまだ1ヶ月という娘の彼氏も来ています。普通なら無理をせずに150kmチームで走るものでしょうが、スパルタな私はそうはさせましぇん。
山岳コースに引っ張り込みました。結果は。敢え無く途中リタイヤ。

リタイヤ

来週から毎週レースがあるので、前半にいくつもある登り坂は悉くフルスパートして山岳とレーニングとしたのはいいのですが、その度に集団は壊滅。皆さんにはえらいご迷惑をおかけしたようです。

柏原山から下りてくると先行するチームを追いかけます。次の休憩ポイントであるモンキーセンターに着くと、先行の全員がお昼ご飯にしていました。
なんとここで追い着くとは。先行はすぐに出て行き、山岳チームもここで淡路カレーを頂いて暫し休憩。

そこから福良までの平坦路をハイスピードで追走します。淡路島南ICへの登りで先行に追い着きました。
14人が揃ったところで全員で走ります。後半になり瀬戸内側になると強い追い風でしかも下り基調に変わるので、来週の舞洲クリテリウムを想定して平地を高速巡航するとレーニングに切り替えました。

できるだけ集団がバラけないように35km/hくらいで先頭を牽きましたが、やはり少しづつ集団は小さくなっていきました。
ところが!! 娘の彼氏だけは食らいついてきます。登りでは遅れるものの、平地では40km/hに上げようがピッタリ追走。
これは将来が楽しみです。
サンセットラインでは文字通り夕日に照らされながら初秋の淡路島を満喫する、とても楽しいサイクリングでした。

快走!




またまたどっしゃ降り。

今日もまた大雨の中、勇躍ロードにうち跨って現場のある橋本市から和歌山市まで約45kmを走破しました。

昨日は高野山方面を巡り約80kmの行程で、今日もそれくらい走りたかったのに作業が終わったのが17時で、雨も降ってきたのでまっすぐ帰ることにしました。

しかし。物凄い雨!カミナリもひっきりなしに落ちています。大雨・洪水注意報でした。
なんでそんな時に走ったんや!! と言われそうですが、これはまあ仕方がありません。
16日に大阪は舞洲でのレースを控えており、それから10月まで毎週レースが続きます。
舞洲は4勝目、続く英彦山ヒルクライムとダルガ峰ヒルクライムはそれぞれ3連覇が懸っています。

こんな大事な時に人と同じことをしていればライバル達に勝てない訳で、大雨と雷でかなり危険やったんですが蛮勇を奮い起して痛いほどの雨粒を受けながら、45kmの平地トレーニングを敢行しました。

来週の日曜日は淡路島一周です。晴れることを祈り、今日のところは「カンパーイ」
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。