スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山県 出張

今日は朝から和歌山県に来ています。 京奈和道の延伸工事です。

昨日は久々に出社して溜まっていた事務処理と雑用を済ませ、今日の朝6時から和歌山県に向かいました。

明日は同期入社のおばちゃんが定年退職されるため送別会があり、和歌山駅から会場のある武庫之荘まで電車で行きます。
あさっては先日の琵琶湖一周の「反省会」と称して堺市で飲み会があるので、これまた和歌山から阪和線に乗って堺まで行くという、連日和歌山から通勤になります。

そう言う訳で明日・あさってはロードに乗れないのため、今日は目標の50kmを登りも含めてしっかり走りました。
走行距離 1000km/月を3ヶ月連続で達成できています。
今月はすでに1100km。累計の標高は14000mに達しています。乗鞍が効いていますな。

9月9日は今度は淡路島一周に参加させて頂けるので、来月も1000kmを達成できそうです。
スポンサーサイト

北海道強行軍

乗鞍ヒルクライムが終わって、その脚で北海道は函館に出張に行きました。
レースの荷物を満載した車は松本から家内が一人で運転して大阪まで帰ることになりました。ひどい話や!

行程は松本から長野までJR。長野から東京まで長野新幹線、羽田から青森までひこーき。青森から函館まで寝台急行。
松本を16時に出発で函館着は夜中の1時です。
ヒルクライムで疲れきってこの強行軍。覚悟を決めてかかりました。

松本まで降りてくるとまあ暑い暑い! 駅前のスタバで涼んでから出発。電車ではよく寝て休養にはなりましたが暑い。
羽田で何か食べよとしても店はもう閉まっています。お握りだけ食べて機中へ。

全ての便が最終便なので一つでもしくじると大移動の計画は失敗に終わります。焦ること焦ること。
遅れていた飛行機で青森まで辿り着いて一安心、函館までの切符を買おうとすると駅には「北海道・東北行きの電車は全て終わりました」との非情の表示が。
なんでやねん! 駅員に聞くと普通にダイヤ通り最終便があるとのこと。 
  ????
まあなんでもええわ。青函トンネルを抜けて2時間半ほどの最後の移動、堅い椅子でしたが少し寝てようやく函館に到着しました。

到着

看板が迎えてくれます。

函館

寝静まってひっそりとした朝市街を抜けて1時15分に東横インに到着、ようやく長かった旅は終わりました。
しかし腹減った。朝市の美味しそうなメニューを横目にコンビニで麻婆丼とビールを買って帰りました。

寒いくらいかと期待していたのに、全然!夜中でも暑い!部屋でもクーラーなしでは寝られませんでした。
朝からの現場作業も酷暑の中です。北海道は普通8月になればもう寒いと思うのですが。


やっぱりこんな風になるのですねえ。府道・県道・「道道571」

道道


帰りは函館空港から。

昨日食べられなかったので、空港で美味しいものを。千歳空港と違い、こじんまりとした空港なのであまり食べるところはありません。
イクラ親子丼と塩ラーメンのセット。塩ラーメンが辛くてイクラの味が消えてしまいました。残念。

イクラ


大実験を行いましたよ。ガーミンでジェット機の速度を測定しました。

ガーミン

時速858km/h!すごい! 着陸してからのドーピング検査で引っかからないか心配してあげます。

次のお座敷は舞洲クリテリウム。今回は熊本から福島さんは遠征してこられないので、なんとか舞洲4勝目を挙げたいところです。








全日本マウンテンサイクリングin乗鞍

乗鞍ヒルクライムに参加しました。
初参加の感想は。  「あ~面白かった!」  どこのヒルクライムよりも楽しかったです。

家内の幼馴染のご両親が乗鞍山麓のスタート地点のすぐそばにセルフビルドの別荘を持っておられ、前日から夫婦二人でお邪魔させていただきました。
夜には別荘の広大な庭でバーベキュー。別世界の涼しさの中ビールとおいしい焼き肉で明日のパワーをチャージしました。

ログハウス

白樺の林です。

白樺林

近くの温泉にゆっくり入り、入念にセルフマッサージを済ませていい気分で10時には就寝。朝は4時半に起きてローラーで30分のウォーミングアップ完了。準備は万全です!

集合場所である観光センターには全参加者4300人が集結して大にぎわいになっています。

大集合!

普通のレースであれば何としてもスタートは先頭に居ようと、1時間くらい前から並ぶこともありますが今回はタイムレース。どこからスタートしても同じなので行儀よく列の後ろに並びました。

遥かなあの山の頂まで登ります。信じられません。

てっぺんちょ。

自分が参加したFクラスは総勢600人。3グループに分けられ第一のグループでした。

この乗鞍は全国大会で、しかも名負てのクライマーが全員集合しているこんなレースに入賞などできる訳はない!と気楽にスタートしましたが、今日は異様に調子がよく前を走る選手を全員追い抜き、しかも自分のグループでトップになった辺りから気持ちが変わってきました。

「これはひょっとしたらええとこまで行けるかも知れんゾ!」と思い、完全に戦闘モードに切り替えました。半分くらいまで来てもまだアウターでガシガシ踏んでいます。
「このまま行ったれ!」と自分を励まし更に加速するつもりが、後半から勾配が急になって来るんですね~。
情報収集不足からコーナーの度に急坂になることも知らず無駄に脚を使い、その疲労が回復しないまま残り3kmで力尽きました。
第一グループでは一人に抜かれて2着でしたが、あとのグループに強いおっちゃん達がゴロゴロいたようですな。

結果は1時間12分46秒の19位でした。去年の順位であれば10位に入れていましたが、レベルが上がっとる!

考えてみれば1時間を超えるようなヒルクライムは大台ケ原くらいしか走ったことがありません。それも数えるほど。
残り1kmでは身体はガチガチに固まってしまって、ダンシングもできないようになっていました。
今後の大きな課題として1時間以上をハイペースで登り続けることができる身体を作り上げることです。
来年に向けて大きな楽しみができました。

ずーっと一日大快晴で頂上は目が覚めるような青空です。

山頂


来年はヒトケタ前半を目指します!! ここの真ん中が待っています。

ひょーしょーだい

クラスで600人からの参加で19位なら初参加ではまあこんなもんかな。と言うことにしときます。

お世話になりました友人のお母さんです。

奥さん

普通、優勝できなかったレースで楽しかったと思うことは余りないのですが、乗鞍は別格です。
4000人もの好きものが参加料8,000円を払ってわざわざ1時間以上も苦しみに来る理由がよ~く分かりました。
あの雰囲気、雄大な景色、涼しい高原。なにより大規模な大会の割にはゆる~い運営がいいですね。
要領がわかったので、来年はもっと効率よく参加できます。


このあと北海道に出張に行ったのでした。次回へ続く!

中山ロードレース

岡山県の中山ロードレースでチーム優勝&総合優勝を達成することができました!!

表彰式

チームロードT.Tレースと個人ロードレースがあり、チームT.Tは3人の合計タイムで順位を決めるというもの。
3人のチームも年齢別になっており、合計の年齢が~80才、~110才、~141才と分かれており、TRAPは最高齢の141才以上でした。
私が最初の登りを引っ張り、登りから下りにかかる平坦路をFさんが先行、最後の下りをMさんが先頭で駆け下りるという最高のチームプレーができて、2位のチームに15秒ほどの差をつけて優勝です!

最高齢チームながら、堂々の総合1位に輝きました。

リザルト

その後の個人ロードレースでもFさんが優勝、私は残念2位でしたがチームでワン・ツーフィニッシュのおかげでチーム総合優勝となりました。

この2勝で通算81勝となり、念願の100勝に少し近づくことができました。

原村~八ヶ岳

毎年恒例の夫婦旅行として長野県にある原村のペンションから八ヶ岳方面に「避暑」なんかに行ってきました。
子供が小さいころから冬にスキーで行っており、もう20年くらい毎年通っております。
はじめの頃は子供も喜んで行ってくれたのですが、いつの間にか夫婦二人だけになりました。
季節も冬のスキーから夏の避暑へと様変わりしています。

八ヶ岳高原は標高1400mほど。

1330m

GARMINで測ると1330m   真夏でも30度になることはまずないそうで、想像を絶する涼しさです。
この日も25度以下でした。

ペンション村では毎朝「朝市」が開かれており、なにはともあれ獲れたてのとうもろこしに齧りつきます
こんな甘くて香ばしいとうもろこしはまずありません。

とうもろこし


帰ってからのバーベキューに備えて40本!も買い込みました。

ペンションの近くに「八ヶ岳実践農業学校」という農場があり、新鮮野菜を格安で販売しています。
ここでは朝採りのセロリを暴れ食い! 水洗いだけしてマヨネーズを付けてそのまま食べます。
これがまた美味い!

一株

一株で450円。食べきれないほどの量です。

あ~うまい!


4本ほど残してしまいました。残念。

新鮮野菜を冷やしても売っています。

新鮮野菜

塩を振りかけて丸かぶり。 八ヶ岳高原の夏ならではです。


ペンション村の街灯はこんな楽しげ。

街灯


桐だめそば。信州そばです。乙事亭(おっことてい)というところで食べます。
もののけ姫に出てくる「おっこと主」はこの辺りの地名だそうです。

きりだめ


八ヶ岳の優美な稜線。これが見たくて毎年通っていると言えます。
高校生の時に 高石ともやとザ・ナターシャセブン の名曲「八ヶ岳」を聞いてからすっかり八ヶ岳連峰のファンになりました。

稜線


ペンション「ふきのとう」  いつもお世話になっているオーナーご夫婦です。

小笠原さんご夫婦


別世界です。

別世界


近くに雑貨屋さんができており、なかなかいい小物を見つけました。
「トラグ」というガーデニング用品であるそうです。 アイデアいただき!! 同じものを作ってみます。

TRUG


帰り途にサントリーの白州蒸留所を見学しました。
マッサージでお世話になっているTRAPのKさんはもとサントリーの研究員から鍼灸師に転向したというすごい経歴の持ち主です。
当然ここでの勤務もあったことでしょう。

白州


 発酵棟

発酵棟

見学の最後にモルトウイスキー「白州」を試飲できましたが、今から大阪に帰るので運転をしなければならず、泣く泣く「南アルプスの天然水」で我慢しました。

その他にも薪ストーブの販売店やセロリ畑など、時間が足らないくらいあっちこっちを見て回りました。
自転車のトレーニングは2日ほど中断しましたが、フル充電ができたように思います。
休み明けからはまた出張の毎日。当分頑張れそうです。

琵琶湖一周

昨日の土曜日に琵琶湖一周に行ってきました。
もちろん茨木の自宅から自走です。
集合は琵琶湖大橋の道の駅。ここまでですでに60kmあります。

TRAPのJさんの会社のチームの人たちが行くのに合流させていただきました。
琵琶湖一周といっても琵琶湖大橋から北側のいわゆる「北湖一周」になります。
それにしても琵琶湖は最近全然行っていなかったのですごく楽しみでした。

琵琶湖大橋に集合。総勢11人の集団です。中には新入社員の方が2人おられて、なんとクロスバイクで参加。しかもロングライドは初めてとのことです。
真夏の過酷なロングライド、金輪際自転車とは縁を切るか・これは面白い!とロードバイクに転向するか?

とりあえず最初はJさんの先導で28km/hほどのゆっくりペース。一列で進行し、水車橋のさざなみ一里塚で第一回目の休憩。まだまだみんな元気いっぱいです。

次の休憩ポイント「道の駅・近江母の郷」に向けて出発。
しばらく行くとチームのリーダーであるSさんから「新入社員がどこまで付いて来れるかやってみましょうか?」とスイッチオン!のささやきが。
もちろんこれに反応し、ペースを28km/hから一気に45km/hに引き上げました。
追走できたのはSさんのみ。この方はロードを始めてまだ半年くらいというのに、すごい運動能力です。
しかし45km/hの巡航速度ではさすがにちぎれていまい、40km/hに落としました。
実は自分も限界に近かったので、ペースを落とすことができてほっと一息。
道の駅では全員しっかり水分を補給します。新入社員も遅れながらもがんばってついてきています。

出発するとまたペースを上げ、次の昼食ポイント「湖北水鳥ステーション」までは10kmほどなので42~43km/hを維持してSさんプラスTさんの3人で先頭集団を形成しました。


湖北水鳥ステーションではなんと「流しそうめん」を無料で食べさせていただき、おいしくて大満足!

流しそうめん

ここで聞いたのですが、右利きの人は流す竹のの右側に立つとうまくそうめんをすくうことができます。
実際そうでした。おつゆをお代わりして腹いっぱいいただきましたよ。

琵琶湖最北端に向かいますが、みなさんかなりバテてきています。分岐点などでこまめに休憩をとりながら、湖西路に入りました。
春には桜が絶景になる海津大崎を越えて、どんどん南下。
新旭風車村では向かい風&遥か彼方まで見通せる直線に気力を削がれながらも先頭集団は5人で頑張りました。
この辺りから後半に強いJさんが絶好調! 37km/hで引きまくります。なんとか着いて行きました。

湖西道路に入る車の渋滞にペースはガタ落ち。しかしこれがちょうどいい休憩になり、渋滞を抜けた後はまた元気が出てきて、白髭のローソンで大休憩。ガリガリ君やおにぎりで疲れを癒しゴールまであと10kmに備えました。

琵琶湖バレイ入口を通過したころからパワーが戻ってきて、また40km/hの巡航でSさんと2人の先頭集団です。
とうとう堅田の交差点を左折。長かった150kmの北湖一周は終わりました。

みなさんと別れ自宅まで残り60kmの道のりです。もうバテバテでしたが、ゆっくりサイクリングを楽しんで家まで走りました。
残った食料のカロリーメイトを食べるとなぜか急にパワーが出てきて、R171をまたまた40km/hで巡航ができました。
もしかしたらこの食品は自分に合っているのかもしれません。

家に帰ると全走行距離264kmでした。今週だけで580kmほども走っていて、こんなに走ったことはここ10年以上はないと思います。

こんな機会を作っていただいたJさんには大感謝です。

次のレースは19日に中山ロードレース。この調子で頑張ります!



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。