スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗鞍スカイラインヒルクライム 参戦編

今の実力通りともいえる13位に終わり、大体予想した結果なのでまあ納得できています。

土曜日の時点で雨は全然やまず、H君のグループと現地で合流させていただいた旅館の部屋では既に厭戦ムード満点。
晩御飯のあとではヤケ酒ともいえる宴会が始まりました。雨はどんどん強くなってきます。

それでも10時は消灯して大人しく寝ていました。
朝4時半に起きるとなんとか雨はやんでいる状態。中止であっても受付で計測チップは返さないといけないのでスタート地点に向かいます。
準備をしているといつものアナウンス「ガラパ」さんが「頂上は晴れています!しかし気温は5度です」と!
よしっ!とローラーをしっかり30分。

いつものように先頭でスタートしてしばらくはいい位置にいましたが、ずるずると下がっていき1時間22分のトレーニングは終わりました。
頂上付近は確かに晴れていて、なんと雪渓があちこちに。
濃紺の空と森林限界を超えた低木の緑が息をのむほどにきれいでした。登りながらそんなのを鑑賞できるくらいレースを楽しんだのでした。
高度2800mの空気は澄みきっていて、遠くの山も空気中の塵が少ないのですぐそこに見えます。
ゆっくり眺めていたかったのですが、また山口県に出張なので一番の下山グループでそそくさと降りて行きました。

急いで帰って準備をしてロードを担いで新幹線に飛び乗り、宇部市に着いたのが午後11時半でした。
来週の火曜日ごろまでこちらなので、長州の山々をしっかり走りこみます。




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。