スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライヴ!

レース仲間の出演するライヴに行ってきました。

P1100675.jpg


曽根崎にある「The Blarney Stone」というアイリッシュ・パブです。

P1100676.jpg


大阪の「モトリークルー」というチームに所属するエドウィンさんです。

P1100672.jpg


ギターのテクはまさにプロフェッショナル! ボーカルも心に響く強烈な音量で大迫力でした。

P1100674.jpg

アイリッシュ・パブというだけあって、店内は外国人でいっぱい。白人が多かったです。
エドウィンさんのステージでみんな踊りだして大盛り上がり! 目の前でデカい白人のおっさんが飛び跳ねて踊るのでステージは見えないわ、ドコドコやかましいわ、楽しかったですよ。

また行きます。




スポンサーサイト

高槻Jazz Street

今年も高槻Jazz Streetに行きました。夫婦で自転車に乗って高槻市まで。

お目当ては大山日出男さん。今年も参加されています。
去年は阪急高槻駅の線路下である野外ステージでしたが、今年は生涯学習センター内にあるホールでした。
3時間前に入り、1ステージが終わるとなんとか2席確保することができました。


藤井貞泰トリオ

藤井貞泰トリオ


西村有香里カルテット。テナーサックスでした。

西村有香里カルテット


いよいよ登場! 「星影のステラ」から始まりました。最初からなんと粋な選曲!

大山さん-1

バンドのメンバーは去年と違って、全員がリーダーであるそうですごい迫力です。


ドラムは広瀬潤次さん。

大山さん-2


ピアノはこの場が初顔合わせという、フィリップ・ストレンジさん。
初めての共演というのになんという息の合い方。

フィリップ・ストレンジ


ウォーターメロンマンやyes or noなどスタンダードも披露していただきました。

IMG_0933.jpg

IMG_0928.jpg

最後がyes or noでピアノ・ベース・ドラム、もちろんサックスもそれぞれが最高の音を出して、会場は大盛り上がりでした。
このホールの出演バンドの中でおそらく一番盛り上がっていたでしょう。

大感動して会場を出ると大山さんのCDを販売するとのこと。しかも本人がサインをしてくれるとなるとこれは買わない訳にはいかん!とミーハーになって握手をして頂きました。

出た! ツーショット!!

生きててよかった・・・。

ステラに感動したことを伝えると、リズムセッションが良かったそうです。なるほど。最高のメンバーですね。
去年の「オレオ」も凄かったです、と話すと「あ~」とあまり覚えておられないようでした。
あんな凄いオレオはいまだかつて聴いたことがありません。


サイン入りのCD  自分の名前も書いていただきました。宝物です。
このCDを聴きながらこのブログを書いていますよ。え~な~。

CD サイン入り!


あまりの満足に他のステージはもうええか。と休憩のつもりで1軒だけ入って、お決まりの「世界の山ちゃん」に行きました。

世界の山ちゃん

手羽先と生ビールが殊の外旨かったです。
ほろ酔いでまた自転車に乗って帰りました。

高槻ジャズストリート

5月3~4日 高槻ジャズストリートに行ってきました。

最初に「jaja」というSmooth jazzのバンドを見ました。
秋山さん-1

各国のジャズフェスに呼ばれていて、今年はデトロイトに行くとのこと。
オリジナルナンバーのメロディラインが最高に良かったです。さすがはプロ!

秋山さん-2

しかし、ソプラノサックスのプレイヤーはなんでこんなに動くのですかね。
HIBI★Chazz-Kの日比さんほどではないですが。


城跡公園では「ラテンジャズ」のビッグバンドが今年も頑張っていました。

ラテンジャズ

「サイドワインダー」をラテンのアレンジにして、全く別物の曲に仕上げています。
なかなか良かったですよ。

公園にはいくつか店が出ており、その中にへっぽこSAXプレイヤーにぴったりのグッズが。

スケールダイアル

これはわかりやすい!! 矢印にキーの音を合わせるとスケールの音階がひと目でわかるという小物で、裏はマイナースケールになっています。 これを使って早くスケールを覚えよっと。

こいつは店のおばちゃんが「ipad」が入るよ~。その殺し文句に思わず購入。

かばん

和柄のショルダーかばんです。瓢箪がええです。


野見神社の能舞台ではスモールバンドが「スペイン」を演奏していました。

野見神社

雰囲気が良く合います。


日が暮れておなかが減ったので、阪急高槻駅前の「世界の山ちゃん」行こうと歩いていると。
なんと「大山日出夫」さんが!!!

大山さん-1


ギターとベースも凄いテクでした。

ギターとベース


エンディングはソニー・ロリンズの循環コードの難曲「OREO」です。

大山さん-2

圧巻の大迫力! こんな凄い「OREO」は今までどんなCDでも聞いたことがありません。最初からアドリブで入って延々と強烈なフレーズが続きます。そしてしっかりカメラ目線です!
その超絶テクの演奏が目の前で繰り広げられて、それがまた無料と来たもんだ! ああ生きてて良かった。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。