スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けいはんなサイクルレース

何年かぶりに「けいはんなサイクルレース」エントリーしました。9月4日(日)の開催です。

仕事の客先の担当の方がレース会場に自宅が近く、応援に来ていただけるというのでこれは一番がんばらないと!
しかし、このごろはと言うか去年からやたらと忙しく、自転車に乗れない日々が続いております。

こんな状態では先頭集団について行くなんてトンでもない話で、安全第一で久しぶりのレースを楽しめればいいか!
自分が出走する「C3」クラスの参加人数はなんと120人!あの狭いコースに120人がひしめき合います。

想像するだに恐ろしい・・・。 先頭から4番目くらいの位置で周回を重ねて行けるならそれほど危険はありません。
以前の体調であれば自信がありましたが、そんな先頭集団の更に先頭付近を走るなんてことはいまではとても無理です。

実はこのレースは第1回目の大会を含めて3回ほど優勝したことがあるのでした。
第1回目のときは公園の中を横断したり横道にそれたり、ぐるぐる廻るコースでした。

2回目から今と同じような周回コースに変わり、もう少し高度の高い上りがありました。
最終周の上りを利用してジャンからアタック。1周逃げで2回優勝しています。

そんなことがまたできればいいのですが。

とはいうものの、そこはレース。全力で戦います!!!


スポンサーサイト

第13回 山岳グランフォンドin吉野 参加!

今年も無事に完走することができました!
チーム5人で完走証。

038A4991.png


今年はどういうことか、例年のコースを逆に廻るというもので、あのチマコッピである「行者還」はどんな感じかなと楽しみではありました。

しかし!!去年以上にトレーニングができていません。ということは、毎年のように襲われる脚の攣りも尋常ではないことを覚悟しております。
途中で停まってしまうことを考えてとにかく早くにスタートがしたい!

前夜に現地入りをして車中で熟睡。朝の4時の目覚ましで支度をして受付に行くと、なんと早くもスタートラインには自転車が何台も並んでいるではありませんか!
慌てて受付を済ませてなんとか先頭から4列目の一番端を確保しました。

038A4986.png

今年は始動が早い。いつもなら余裕で先頭に並ぶことができる時間なのですが。

去年はスタートしてからすぐの下りで落車が多かったらしく、2人づつ10秒間隔の出走となりましたがあまり効果はなかったようで、すぐに集団ができてしまいました。

集団の先頭に出たい!という逸る気持ちを抑えて中央付近でおとなしくしておりました。それも第一回目の登りが始まるまで。
登りになるとつい後先を考えずに先頭になって単独で頂上を越えて気持ち良く下っているとなんと!前輪がバースト!
いきなりでした。何も踏んだような感覚はなかったのですが。

パンク修理に取り掛かります。持参した圧搾空気のボンベは威力絶大! チューブを交換してから時間がかかる空気入れはあっと言うに終了して戦線復帰。
野迫川エイドに到着しました。

ここにきて早くも両脚に痙攣の兆しが。既にいつ攣ってもおかしくないような感じがしてきたので、チームメイトには先に行ってもらいマイペースを心がけました。

この「攣り」。これは体質なんでしょうか、事前にいくらストレッチをしても、ビタミンを補給しても十分に乗れていなかったら必ず攣ります。
今年も予想通りに痙攣の波状攻撃! 何度も停車しては治まるのを待って再スタート、の繰り返し。
今年はタイムスケジュール的に余裕があったので、完走を第一に考えて無理をせずに走りました。


いつもながら豪華なエイドステーションでのおもてなし!
つい食べすぎ・飲みすぎで腹いっぱいになっていまいます。

DSC_0002.png

今年もこれに加えて「かき氷」があり、甘いシロップが最高に美味かったです。
柿の葉寿司も合計で30個くらい食べたでしょうか。今年の「初すいか」も頂きました。

逆から攻める「足の郷」の登りは想像を絶するエゲツなさ! いつもは下りなのでこれほどの勾配とは分からなかった。
20%以上の登りに力尽きたライダーが死屍累々・・・。
暗峠の壁を無限に延長したような感覚でした。
その前に越えてきた「行者還」が思ったほどきつくなかったので、この登りは余計に辛かったです。


なんとか克服して下りになると異常に調子が上がってきたようで、ゴールまでは攣ることもなく絶好調! 
途中の給水所でチームメイトと合流して4人の列車で爆走しました。

そんなこんなで、いきなり200kmを走りきったダメージは大きくゴールと同時に全身筋肉痛。翌日は早速出張で仙台まで来たものの、現地では身体が動かず、全く仕事にならない状態でしたね。
もっと走りこまないと。と決意した次第です。

しかし今年も楽しかった!!! 
最近は自転車以外の趣味も多く楽しんでいますが、やっぱり自転車が一番面白い!ということを再認識しました。
やめられません。








第13回 山岳グランフォンドin吉野

今年も吉野に参加することになりました。

とは言うものの、相変わらず全く乗れていません。
次の日曜日に開催が迫っているのに、今週はまた石巻市におります。
開催の翌日の月曜日にはまた朝一番の飛行機で石巻市に戻ってくるというギリギリの状態で、参加することさえも危ぶまれましたがなんとか工程の都合をつけて土・日だけは休めるようにしました。

レースが無ければなかなか積極的には乗れないので、モチベーションの維持になればとエントリーしたのでした。
大枚8,000円もの参加費を払っているためになんとしても参加するようになるであろうと目論んで、まあその通りになったものの、肝心のトレーニングができないままの参加となります。

思えば去年は今年の何倍も乗れていたのに、それでもコースの途中から両脚が攣りまくりました。
今年は去年以上のどんな悲惨な目にあうか? 
エアーサロンパスを全身に吹き付けて痙攣に耐えながら完走を目指します。

こんな思いをしてまで参加する理由は「スーパーロングコース・210km」を走りきる達成感とコースの各所にある雄大な眺めを楽しむことであります。
それと。
最大の難所・行者還岳の天空まで届くと思われる終わることのない登り坂、エイドステーションでは柿の葉寿司の食べ放題、北山川のせせらぎとともに快走する山あいの長閑なコースなどなど。

普通ではまず見ることがない感動するような風景が多くあるために、できればデジタル一眼レフを担いで走りたいところなんですが、2kgほどもある機材を身につけて登り坂を延々とダンシングすることは絶対に不可能です。
この頃はスマホでもキレイな画像を撮ることができるので、その辺りで我慢しときます。

がんばろう石巻

先週から宮城県石巻市に来ています。今回はロードを新幹線で運ぶことはせずに送ることにしました。
東海道新幹線から東北新幹線を巨大な荷物とともに乗り継ぎをするのは大変な重労働です。
シクロエクスプレスの自転車宅配便で片道4,000円。
ちょっと高い気もしますが、専用の箱に入れて安全に運んでくれます。しかも箱の隙間になんでも入れ放題。
空気入れやロードウェア、果ては鍋や電磁調理器までも詰め込みます。

今日は日曜日で休みなので牡鹿半島一周のロングライドに出掛けました。
牡鹿というだけあってとにかく鹿が多い!
鹿は夜行性なので昼間はほとんど見かけませんが、夜にこの暗い道を走ると大群が道路を横断していたりします。
自転車には特に過激に反応するようで、真っ暗な山の中を走っていると道の両側で一斉に逃げ出して、木の枝を折るバキバキバキと大音響! ビックリしますよ。

今日は昼間なのでそういうこともなく、アップダウンが果てしなく続く牡鹿半島の海岸線をのんびりと走りました。
途中の港という港で震災復旧の護岸工事をしています。終わったところもあれば、まだまだこれから工事は山場のようなところもありました。

途中に何度か道を間違えて、無事に女川町まで辿り着き、復興商店街などを見て回り、お宿へ。
ちょうど100kmほどの行程でした。しかし! 最近はほとんど乗れていないので、しんどいしんどい。
11月のみとよロードレースまでには調子を上げたいものです。

お宿にカメラを取りに行き、所在地を調べて石巻市の「がんばろう石巻」の看板を見に行きました。

近くには案内の看板が設置されています。

038A4830.png


辺り一面は茫洋たる空き地になっています。

038A4831.png


ありました。

038A4835.png


慰霊の献花台が設置されています。

038A4843.png

038A4839.png


津波はこの塔の先端まで到達しました。約6mです。

038A4859.png

音声で案内する装置がありました。

038A4847.png

当時の映像や体験談などが収録されています。

038A4846.png


震災前の街並みの写真と模型です。

038A4852.png

038A4853.png

こんなに多くの家があったとはとても思えません。
復旧は道半ばでした。









PINALLERO DOGMA

嫁さんが通っている整体院の若先生がロードに乗ってウチにちょっと寄ってくれました。

ロードレーサーを持っているとは聞いていましたが、乗ってきた「ブツ」を見てビックリ!!
なんとピナレロ・ドグマではありませんか。

038A9705 (1)


しかも車輪はライトウェイト、コンポはカンパ・スーパーレコード。
考えられる最高のセッティングと言えます。
ここだけの話、にひゃく万円おーばーでありますよ。
レースでは時々見かけますが、街中ではまずお目にかかりません。
目の正月となりました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。